体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ディズニーランドが入場制限を設ける理由とは?

エンタメ

ディズニーランドが入場制限を設ける理由とは?
 2013年の今年、開園30周年を迎える東京ディズニーランドでは、“ザ・ハピネス・イヤー”と題して様々なイベントや催しが行われます。30年といえば一つの世代が入れ替わる節目の年。そんな30年の中で、東京ディズニーランドはどんなことが変わり、どんなことが変わらないままできたのでしょうか。

 初代ナイトカストーディアル・トレーナー兼エリアスーパーバイザーとして1983年の開園を迎え、その後、オリエンタルランド全スタッフの指導、育成を担当した鎌田洋さんは、ベストセラーシリーズの最新刊である『ディズニー ありがとうの神様が教えてくれたこと』(ソフトバンク クリエイティブ/刊)で、ディズニーのサービスの本質を物語形式で伝えます。
 今回は本書の刊行を記念し、鎌田さんにインタビューを決行。後編では書籍の内容を中心に、ディズニーランドで実践されているルールを超えたおもてなしについてお話をうかがっています。
(新刊JP編集部)

■「ありがとう」でつながるキャストとゲスト

―東京ディズニーランドのキャストの中でも、カストーディアルは特にゲストから「ありがとう」と言われることが多いと思いますが、いかがですか?

「カストーディアルはゲストのアクションに応える形で動く部分があるんですね。例えば、困っている人を見かけたときに動く、と。だから、『ありがとう』を言われる数はその状況によっても変わってきますね。
また、これはアメリカでの例なのですが、一説によれば、一人のゲストが入園から退園まで60人くらいと話をするというデータがあるそうです。アトラクション、レストラン、ショップ…実はいろいろなところでキャストと話をする機会があるんですよね」

―言われてみると、確かにいろいろな人と言葉を交わします。

「無意識のうちに話しているんですよ」

―鎌田さんがこのシリーズで書かれていることは、「ルールを超えたおもてなしとは何か」ということだと思うんですね。そして、鎌田さんはトレーナーとしてキャストたちの教育を担当された際、それを教えてきたと思うのですが、大変だったのではないでしょうか。

「大変でしたね。ただ、自分でされて嬉しいと思うことは、積極的にやろうと伝えていました。
エンターテインメントという言葉を紐解いていくと、『慰める』や『楽しくする』、そして『もてなす』という意味があることが分かります。つまり、みんな、喜んでもらいたいという気持ちをどこかで持っているはずなんです。だから、どんどんやりなさいと言うんですよ。
ディズニーランドには最低限のガイドラインしかありません。それ以上のおもてなしであればどんどんやってもいいんです。優先順位がはっきりしているんですね。この本にも書きましたが、3・11のときの対応はまさしくルールを超えたものでした。本来はバックステージを見せてはいけないのですが、緊急事態でしょ。見せてはいけないからそこは通さないではゲストの安全を確保できないんです。そして結果的に称賛されましたよね」

―今回の『ディズニー ありがとうの神様が教えてくれたこと』では、入場制限の話が出てきますね。

「そうですね。とても辛い話でした」

―あの場合は、ディズニーランドに訪れたゲストさんが入場制限のために入園させず、傷つけてしまったわけですよね。

1 2 3次のページ
エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会