体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

共感の功罪

共感の功罪


今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

共感の功罪

「自分がおかしいと思うことは、他の誰かも必ずおかしいと思っている」 2013年04月17日 『BLOGOS』
http://blogos.com/article/60403/

「自分がおかしいと思うことは、他の誰かも必ずおかしいと思っている」と強く伝えたいです。
ウェブをうまく活用すれば、必ず、共感する第三者とつながることができます。その主張や思いや、どれだけ異質のように思えても。

まあ、悪い話ではないんだけどね。ただ考えが中途半端なんだよね。共感するのは結構なんだけど、共感してどうするのか?まで考えないと。

こんなに同じ考えの人がいるんだから、正しいんだと主張するのか、みんなで何が正しいかを考えようというのか、あるいは共感しただけで満足なのか。

   *   *   *

多くの人が同じ事を考えるからと言って、それが正しいとは限らない。「アインシュタインの相対性理論は間違っている!」と主張する人たちがいる。これは結構共感を呼ぶ。なぜって?日常生活では時間の進み方が変わるなんて場面は体験できないので、相対性理論の否定のほうが受け入れやすい。

「実は実験ミスしてたんだよ!」とかそれっぽい理屈をつけて説明すると、「やっぱりそうか!」と思ってしまう人が少なくない。無数にあるけどその一つ、窪田登司の説。

「20世紀最大の事故 相対性理論の謎を解く」窪田 登司 (著) 『amazon』
http://www.amazon.co.jp/dp/4873024641

1993年にNHK出版の雑誌「エレクトロニクスライフ」で発表されるやいなや、大反響を呼んだ。日本で一般の人達が目にする「相対性理論は間違っている」と主張する記事は、これが初めてではなかろうか。それだけに人々に免疫がなく、日本人からすごい学説が発表されたと思い込んだ人もいたように思う。

当時パソコン通信などでも話題になった(インターネットはまだ一般化してなかったので)。疑似科学を列挙したと学会の「トンデモ本の世界」が出版されたのが1995年だからその2年前ですな。

   *   *   *

内容はというと、すごく大雑把に説明すると光の経路をcosθで補正さえすれば、時間の遅れとかわけの分からないものを導入しなくても、シンプルに説明できるという話。

「#6. 窪田氏の主張その2」 『窪田先生と愉快な仲間たち』
http://www.big.or.jp/~isaacrc/superscience/kubota/part6.html

上記は窪田登司に反論しているサイト(つまり「やっぱり相対性理論は正しい」と主張しているサイト)だが、窪田登司の主張の部分だけ読むと「もしかしてそうかも」と思ってしまう。

自分で考えようとする人ほど、引っかかると思う。中途半端に賢い人が一番疑似科学に引っかかりやすい。というか疑似科学というのは、素人にはどこが間違ってるか見破るのは無理。

   *   *   *

ネットが社会の隅々まで普及して、一般の人達同士が意見交換できるようになったのは素晴らしいことだ。しかし反面、騙されやすい素人が「みんなもそう思うよね」と、疑似科学を広めるようになったのは困ったものだ。

でもインターネットはパンドラの箱で、もう閉じるわけにはいかない。素人同士が「俺もそう思う」「俺もだ」と徒党を組むのを防ぐことはできないし、防ぐべきでもないと思う。

ただ「ではどうすればいいのか?」が問題。相対性理論など例に挙げなくても天動説で十分かもしれない。多くの人は天動説が正しいと思うと思う。自分が立っている大地が猛スピードで動いているなんて、直感的には受け入れるのは無理だろう。

それはむしろ日常生活から離れた専門家の研究によって、「どうしてもそう考えなければ辻褄が合わない」と導き出されたこと。直感に反するのは百も承知なのだ。

   *   *   *

やっぱ共感することではなく、「考える」ことが大事だと思うのだよね。そうでないと真理に辿りつけない。ここまで語ってきたのは自然科学のことだけど、社会規範にも同じ事が言えることが多い。子供の目には「直感的に受け入れられない」ものが少なくない。それは長年の試行錯誤の末に人間が編み出した仕組みだからだ。あえて不自然になっているのには理由がある。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。