ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サッカー元日本代表の長女 女子アナ内定でテレ朝蹴りフジへ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 目下絶好調といえるのがテレビ朝日。4月1日には、昨年度の平均視聴率が、ゴールデンタイム、プライムタイムで首位を獲得したと発表。開局以来初の視聴率「2冠」を達成したことで盛り上がっているが、他局との人材争いにおいては、ひとつ大きな波乱があった。

 あるテレ朝幹部が声をひそめていう。

「実は来年度女子アナとして入社が内定していた秘蔵っ子を、フジテレビに奪われてしまったんです。内定当初は“私頑張ります!”とハキハキ話していたのに、フジテレビの採用が終わった頃、“すみません、やっぱり私フジテレビにいきます”と連絡が入ったらしい。上層部と人事関係者の落胆は相当なものです」

 その内定者とは、永島優美さん(21)。あのガンバ大阪などで活躍したサッカー元日本代表のスポーツコメンテーター・永島昭浩氏の長女である。

 有名人である父親の名前がなくても、実力・注目度は折り紙つきだ。現在、関西学院大学の4年生で、一昨年にはミス関学に輝いている。

 昨秋からは、大阪・朝日放送の朝の情報番組『おはよう朝日 土曜日です』に出演していた即戦力だ。

「お父さんの血を受け継いでいるので顔は濃いが、ほんわりした美人。で、お父さんと違って噛まない(笑い)。テレ朝では早くから目を付けていたが、まさか落ち目のフジテレビに持って行かれるとは……。社内では“今からフジなんて時勢が読めていない”“お父さんのクビを条件に出されたか”なんて口をとがらせる人もいる」(前出・幹部)

 永島氏はフジの『スーパーニュース』に出演している。父親の仕事先への配慮もあったのではないかといいたいのだろう。

 3年前なら女子アナ志望者は、フジとテレ朝を天秤にかければ九割方がフジを選んだものだった。しかしその選択が今や驚きをもって迎えられるのだから、時代は変わったものである。

※週刊ポスト2013年5月3・10日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
カトパンが魅せたゾ! 華やかなハイヒールからの美脚ライン
中野美奈子「小倉さんは私生活では優しい」発言にマツコ苦笑
フジ退社の高橋真麻アナにオファー殺到 イベント1本200万円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP