ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インテルドロイド君も登場! ASUSがAtomプロセッサ搭載の通話可能な7インチタブレット『Fonepad』を発表

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ASUSTek Computer(ASUS)は4月19日、SIMフリーで3G通話が可能な7インチのAndroidタブレット『ASUS Fonepad ME371MG』(以下『Fonepad』)を4月25日に国内で発売することを発表しました。モバイル端末に最適化した『インテル Atomプロセッサー Z2420』を搭載するのが特徴で、発表会にはインテル仕様のドロイド君“インテルドロイド君”も駆けつけ、発売を祝福しました。

fig2
『Fonepad』はOSにAndroid 4.1.2、7インチ1280×800ドットのディスプレーを搭載するタブレット。SIMフリーのmicroSIMスロットを搭載し、3Gの通信と通話機能に対応します。メモリーは1GBで内蔵メモリーは8GB、microSD/microSDHCカードスロットも装備します。背面に「intel inside」のロゴがあるのが新鮮ですね。


“Lexington”と呼ばれる『インテル Atomプロセッサー Z2420』は低価格帯のスマートフォン向けチップセットで、動画の録画と再生、静止画の処理、グラフィックス性能に優れているのが特徴。


ASUSはスマートフォンの利用実態で通話の時間は少なく、ほとんどタブレットとして利用されていることに注目。


スマートフォンとタブレットの2台持ちをしているケースと比べて、持ち歩く重量も本体の費用も半分に抑えたと説明します。『Fonepad』の予想実売価格は2万9800円、重量は約340g。


通話はあまりしない、スマートフォンとタブレットの2台持ちを1台にまとめたいなどのユーザーニーズにこたえそうな製品。市販のSIMカードで安く運用したい人にも魅力がありそう。


筆者は会場にいたインテルドロイド君と記念撮影。


おみやげにバッジと手ぬぐいももらっちゃいました。この日はWindows 8/Android 4.1を1台で搭載するタブレットパソコン『ASUS TransAiO P1801』も同時に発表されたのですが、そちらは別記事でご紹介します。

『ASUS Fonepad ME371MG』主な仕様
OS:Android 4.1.2  
プロセッサー:インテル Atomプロセッサー Z2420
メインメモリー:1GB
ディスプレー:7型ワイドTFTカラータッチスクリーン IPS+液晶 1280×800ドット
内蔵メモリー:8GB
ウェブストレージ:5GB(永久無料)
通信方式:GSM/EDGE 850/900/1800/1900MHz(2G)、W-CDMA(HSPA+) 850/900/1900/2100MHz(3G)
無線LAN:IEEE802.11b/g/n
Bluetooth:3.0
本体インタフェース:microUSB、microSIMスロット、microSDメモリーカードスロット(microSDHC対応)
カメラ:300万画素
インカメラ:120万画素
バッテリー駆動時間:約11.5時間(Wi-Fi通信時)、約9.5時間(モバイル通信時)
本体サイズ:W196.6×D120.1×H10.4mm
重量:約340g
付属品:USB ACアダプターセット、ユーザーマニュアル、製品保証書

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP