ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Larry Page氏が2013年Q1のカンファレンスコールで今後のMotorola製スマートフォンについて言及

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleのLarry Page CEOが昨日開催されたGoogleの2013年Q1決済説明のカンファレンスコールの中で、Motorolaの今後のスマートフォンに触れていました。”今日のマルチスクリーンの世界の中でチャンスは無限大です。自身の端末について考えてみてください。バッテリーの持ちは多くの人にとって悩みどころです。充電器を持ち歩かなくても端末を丸一日使用できることを望みますよね?子供が飲み物をタブレットにこぼした場合、故障したりしない方がいい。落とした場合でもぶっ壊れないことを望みます。”、”私がMotorolaの次世代機を目にしたとき、私はその可能性に本当に興奮しました。彼らはたった1年未満の間で十分に成果を上げており、優れた速度感と実行力を持っています。”と述べました。Page氏は今回と似たことを今年1月に開催された2012年Q4のカンファレンスコールでも話していました。今度は防水性に言及したほか、実際の機種に関する感想も述べています。Page氏は自身の発言の中で特定機種の詳細は何一つとして明らかにしていませんが、Motorolaの次世代機種は、頑丈さ、防水、十分なバッテリー容量を備えたところを特徴としたものになると予想されます。Source : Wired



(juggly.cn)記事関連リンク
東芝、Android 4.2を搭載した新型タブレット「REGZA Tablet AT720」を開発中
人間の脳でタブレットを操作するデモをSamsungの研究者らが披露
中国Ainol、8インチAndroidタブレット「Novo8 Dream」と「Novo8 Find」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP