体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第2回将棋電王戦 第4局 電王戦記(筆者:河口俊彦)

 3月1日の深夜、将棋会館でのA級順位戦最終局(将棋界の一番長い日)の取材を終えて、一息入れていると、ニコニコ動画の中継担当者が来て「電王戦の観戦記を書いてくれませんか」と言った。瞬間、「エッ?」と驚き、それから「私はパソコンはおろか、携帯も持っていない年寄りだぜ」担当者は「そういう方に書いてもらいたいのです」と平然としている。そんなものかな、と思い、米長邦雄永世棋聖に、すまないことを言ってしまった話しをすると、「それはいい」とか言われ、うまく乗せられてしまった。で、アナログ老人が思いもかけず恥をさらす事になるのだが、まず、その米長との失敗談からはじめよう。

 一昨年の暮、戸辺誠六段の結婚披露宴があり、招かれて控えの間で宴会が始まるのを待っていると、米長が来て「今度、コンピュータと戦うんだ。その対策は十分に考えてある。」と熱っぽく語った。そこで私は「大天才の真価が見られるね」と言ったまでは良かったが、その後がいけなかった。「だけど、あんたが負けるよ」言ったとたん、しまった!と慌てたが、彼も私の真意を察してか、不愉快な顔もせず、その場はすんだ。

 あの頃の米長は、周囲と戦いつづけて疲れ切っていただろうし、体調も辛くなっている様子が見えた。だから、必勝形にはなるだろうが、どこかで大ポカが出てしまう、と思ったのである。しかし、「負けるよ」はなかった。こんな失敗を長い棋士生活中に数知れぬくらいくり返し、その度に反省しているのだが直らない。困ったものだ。そういう事があり、ボンクラーズ戦は、米長が勝つよう祈っていたが、ポカが出て負けてしまった。ただ、だからといって米長の名声が落ちたわけでなく、そこはほっとした。それと共に、コンピュータもここまで強くなったか、との感慨もあった。

 この半年後、王座戦の渡辺明王座対羽生善治二冠(当時)戦が、横浜で戦われ、私は近くに住んでいるので観戦に行った。五番勝負の第二局だったのだが、そこでの羽生の指し方が異常だった。双方の駒組みが頂点に達したとき、羽生は玉を一路寄ったり、また戻ったりの同一手順をくり返しはじめたのである。

 渡辺はそれを見て、好きなように駒組みを繰り替え、玉を穴熊に囲うなど、これ以上は望めない、という好形に組み上げた。対して羽生陣はその間何も変わっていない。こういう指し方は、これまでに見たことがなかった。そもそも無為な手をつづけるのは、千日手の手順ならいざ知らず、普通の局面ではプロの発想にない指し方なのである。絶好形から渡辺は攻めたが、思ったほど有利な戦いとならず、結局渡辺は敗れた。

 この勝負は大きかった。対渡辺との対戦成績で圧倒されていた羽生が、この第二局をきっかけに盛り返し、王座を奪還し、対戦成績を五分近くまで戻したからである。後で思い当たったのだが、あの羽生の「一人千日手」と言われた指し方は、対米長戦でのボンクラーズの、無意味に飛車を動かした指し方にヒントを得たのではないか。推測にすぎないが、当たっているように思う。

 渡辺の方も、数年前から、将棋ソフトと数多く対戦し、そこから何かのヒントを得ている、との噂を聞いていた。時々人間では思い付かない発想の手を指すことがある、というのである。それらを思い合せて、将棋ソフトが、プロ棋士の有力な研究用ツールになっているのがわかった。ざっとそんなところが私の、コンピュータ将棋についての知識だった。当然ながら、私自身は、将棋ソフトとは指したこともないし、見たこともない。

 さて、依頼を引き受けたものの、特に何もしないうちに第1局が開始された。正直なところ、それすら私は知らないでいた。家人が「テレビのニュースに出てたわよ」と言っても聞き流していた。ところが翌日の朝刊を見てびっくり。各紙に大きく伝えられている。プロが勝ったにもかかわらず、である。ここで、電王戦の意味するものに気が付いたのだった。そして俄仕込みの勉強をはじめた。

 まずは第2局を観戦に行ったのだが、将棋会館の四階の大広間に入ってびっくり。報道陣があふれ、タイトル戦以上の賑いではないか。この一戦はご承知のように佐藤四段が敗れた。終わって自室に引き上げて行く佐藤君を見たが、うなだれ、肩は落ち、足を引きずっていた。負けて、これほど落胆した棋士は見たことがない。先崎君が、「いい将棋だったよ」と声をかけたが、耳に入らぬ様子だった。「あんなに辛いものかね」先崎君に聞くと「そりゃあそうですよ、何を言うんですか。」ときつい口調でたしなめられた。

 そこで、将棋ソフトにくわしい棋士の何人かに色々と教えてもらったが、聞いていて何か違和感をおぼえた。それは、主にコンピュータの弱点を見つけ、そこを突こうと研究していることで、なぜ正々堂々、自分の長所を出そうとしないのだろう、と思った。どうやらコンピュータに恐怖感を持っているらしく、それが意外だった。

1 2 3次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。