ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

織田信長に滅ぼされた浅井長政の小谷城 本当は燃えていない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 安田清人氏は1968年、福島県生まれ。月刊誌『歴史読本』編集者を経て、現在は編集プロダクション三猿舎代表。共著に『名家老とダメ家老』『世界の宗教 知れば知るほど』『時代考証学ことはじめ』など。BS11『歴史のもしも』の番組構成&司会を務めるなど、歴史に関わる仕事ならなんでもこなす安田氏が、大河ドラマにおける“時代考証の苦労”について解説する。

 * * *
 昭和42年の大河ドラマで初めてスタッフクレジットに登場した“時代考証”だが、ドラマ作りの主体となり、その最終的な責任を負うのはNHKのディレクター、プロデューサーであり、脚本、演出といったドラマ作りのプロであることは、現代劇のドラマと変わらない。

 したがって、時代考証の先生が「これは違う」と指摘したとしても、必ずしもそれが訂正されるとは限らないということでもある。つまり、映像表現や物語としての完成度や「面白さ」を追求するためには、時代考証というチェック機能はかなりの程度、制限されてしまうのだ。

 戦国時代を専門とする歴史研究者で知名度も高い小和田哲男さん(静岡大学名誉教授)は、かつて〈江~姫たちの戦国~〉の時代考証にあたった時に、こんなことがあったという。

 浅井長政の小谷城が織田信長に攻め落とされる場面で、城が炎上することになっていた。  しかし、最近の発掘調査の成果によって、小谷城は実際には燃えていなかったことが判明。小和田さんは炎上シーンを描かないよう要請した。しかし番組スタッフは、城が燃えていないと、落城がひと目で分からないから、少しだけ火をつけさせて欲しいと粘った。小和田さんは仕方なく「少しだけですよ」と念を押したが、放送を見ると、城は見事に大炎上してしまっていた。

 事情を知らない研究者仲間から「小谷城は焼けてない。そんなことも知らないのか」と言われたという小和田さん。時代考証を担当する先生も、実に辛い立場なわけだ。

※週刊ポスト2013年4月26日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大河ドラマの「時代考証」具体的にどんな仕事をしているのか
大河ドラマ主人公・平清盛 相当お洒落だったと専門家分析
50歳モデラー ボケ防止になると義父をプラモデル作りに誘う

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP