ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

東芝の新型タブレット「TOSHIBA AT10-A/AT15-A」がFCCの認証を取得

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

東芝の新型タブレットとみられる「TOSHIBA AT10-A/AT15-A」がFCCの認証を取得しました。FCC IDは「VUIPDAPDAAT10-A」。AT10-A/AT15-AはBluetooth SIGの認証資料によると、Android 4.2.xを搭載したタブレット。背面の端末画像が横長なのは10.1インチクラスの大画面モデルだからなのかもしれません。認証はPEGATRONより申請されているので、PEGATRONが製造を担当したとみられます。認証は、Wi=Fi 2.4GHz帯/5GHz帯、Bluetooth、RFIDの周波数で取得しています。対応規格はIEEE802.11a/b/g/n(nはHT40モード対応)、Bluetoth v2.1/3.0/4.0、NFC。新型はNFCチップを組み込まれているようなので、スマートフォンとのワンタッチ接続みたいな機能も搭載するかもしれません。Source : FCC



(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS Japan、Intel Atomプロセッサを搭載した7インチAndroidタブレット「Fonepad ME371MG」を国内で4月20日に発売、価格は29,800円
NTTドコモ、「ドコモメール」の提供開始時期を2013年10月下旬と発表
Galaxy S 4(Exynos 5 Octa版とSnapdragon 600版)が香港で発表、4月27日より発売予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。