体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソニー社長「ワオ!」SCE「コラボしましょう」 So-netが下り最大2Gbpsの高速回線と最大450Mbpsの高速Wi-Fiを提供する『NURO 光』を発表

ソニー社長「ワオ!」SCE「コラボしましょう」 So-netが下り最大2Gbpsの高速回線と最大450Mbpsの高速Wi-Fiを提供する『NURO 光』を発表

ソネットエンタテインメントは4月15日、下り最大2Gbpsと高速の光回線サービス『NURO(ニューロ) 光』を開始しました。モバイル、テレビ、ゲームの分野でニーズが高まる高速通信サービスの世界観が提示され、ソニー本体やソニー・コンピュータエンタテインメントからも期待感が表明された同日の発表会をレポートします。

通信局と家庭をGPONで接続 最大2Gbpsの出力を実現

『NURO 光』は、GPONと呼ばれる通信規格を利用して通信局の終端装置を個人宅に接続することで、高速通信を可能にするFTTHサービス。宅内に設置する終端装置には2Gbpsの入力があり、最大1Gbpsの有線LAN3ポートと、最大450Mbpsの無線LANにより合計で最大2Gbpsの出力を実現。同社調査によると個人向けFTTHサービスで世界最速となります。

サービスエリア サービス料金

サービスエリアは関東1都6県で、一戸建てもしくは2階建て以下の集合住宅を対象にサービスを提供。料金は2年継続で申し込む『NURO 光 G2V』が月額4980円、通常の『NURO 光 G2』は月額7480円。契約事務手数料と基本工事費が別途かかります。

サービスの概要だけ聞くと、「パソコンのネットが速くなるの?」ぐらいのイメージしか湧いてきませんが、発表会では同社代表取締役社長の吉田憲一郎氏が「コンテンツのリッチ化」「オンデマンドの進展」「デバイスのWi-Fi化」の視点で高速通信へのニーズの背景を説明しました。

モバイルコンテンツのリッチ化

「コンテンツのリッチ化」ではまずスマートフォンやタブレットによる動画視聴について触れます。3GやLTEによるデータ通信では、定額データ通信プランで設けられている通信量の上限に達しやすくなり、自宅ではWi-Fiによるオフロードが必要になっている現状を説明。

テレビのリッチ化

テレビの分野では2014年に試験放送を開始する4K放送で大容量のデータ通信が必要になります。会場では65インチの4Kテレビ『ブラビア』を実演しました。

ゲームのリッチ化

ゲームの分野では『PlayStation 3』のダウンロードゲームで20GB程度、『Wizardry Online』などパソコンのオンラインゲームで2GB程度、スマートフォンのゲームアプリでも2GB程度のサイズのゲームが登場にしていることに触れ、通信の帯域が求められていると説明。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。