ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTぷらら、Android 4.0を搭載したひかりTV用新型チューナー「ST-3200」を6月3日に販売開始、クラウドゲームサービス「ひかりTVゲーム」も提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTぷららは4月17日、同社の動画配信サービス「ひかりTV」に対応したAndroid 4.0ベースの新型チューナー「ST-3200」を2013年6月3日より提供すると発表しました。新チューナーは、Android 4.0をベースとしたセットトップボックス。既存のひかりTVチューナーよりも10倍高性能で、1チャンネル視聴+2チャンネルの同時裏録画が可能なトリプルチューナーを内蔵するほか、DLNA/DTCP-IP規格に対応しており、スマートフォンやタブレットで放送中番組を視聴することや録画した番組を持ち出すことも可能。NFCチップも内蔵されており、NFC対応スマートフォンやタブレットを本体上にかざすだけで連携することも可能となっています。また、製品付属のリモコンは赤外線式から応答性の高い無線式に変わりました。機能面では、「ひかりTV」で提供されているビデオサービス、テレビサービス、カラオケ、ショッピング、ミュージック、ブックはもちろん利用可能ですが、発売と同時にクラウドベースのゲームサービス「ひかりTVゲーム」とAndroidアプリストア「ひかりTVアプリ」も開始されます。「ひかりTVゲーム」では、「プロ野球スピリッツ LIVING MANAGER」を始め、スポーツゲーム、パーティーゲームなど約50タイトルのゲーム全てが月額定額500円で利用できます。「ひかりTVアプリ」は、サービス開始当初は約50種類の無料アプリが配信される予定です。このほか、「ソーシャルVOD(仮称)」機能、「生活情報」の提供、ダブル録画機能の搭載など高機能なものになっています。新チューナーの価格は、初期費用が1,050円、レンタル料が月額525円となっています。ST-3200のスペックは、本体サイズは57mm×40mm×182mm、質量700g。搭載SoCはSTMicroelectronics社の「STiH415」(Android/TV視聴兼用)、入出力はHDMI出力×1、アナログ出力×1系統、光デジタル音声出力端子×1系統、USB×2ポート、SDメモリーカードスロット×1。映像の出力サイズは最大1,920×1,080ピクセル(フルHD)。端末メーカーは住友電工ネットワークスとなっています。契約方法などの詳細は5月下旬ごろに「ひかりTV」のWEBサイトで(http://www.hikaritv.net/)で告知されます。ひかりTVゲームの詳細はhttp://game.hikaritv.net/Source : NTTぷらら



(juggly.cn)記事関連リンク
Twitterの音楽系新サービス「#music」、米国時間18日午後よりWEBブラウザとiPhoneアプリで開始される見込み
Android搭載Walkman F800シリーズ用デザインステッカー”GelaSkins”がSonyストアで発売
Motorola X Phoneのウワサ:カラバリは20色と多いものの、内部仕様のカスタマイズはおそらく不可

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。