体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニュー・アルバム『in motion』を完成させたL.E.D.のインタヴュー更新!

 

 

それぞれさまざまな形で音楽活動を行うメンバー7人により結成され、ジャズやフュージョン、ポスト・ロック、ダンス・ミュージックなどの要素を融合したジャンルレスかつシネマティックなサウンドで支持を集めてきたインスト・バンド、L.E.D.。彼らがこのたび完成させた約2年ぶりのオリジナル・アルバム『in motion』は、メンバー各自が楽曲を持ち寄り、ライヴ感以上にスタジオワークでの構築的な楽曲制作にフォーカスした意欲作となっている。

bounceでは、そんな新作についてメンバーの佐藤元彦(ベース)とオータコージ(ドラムス)へのインタヴューを実施! Salyuが歌い、彼らとは縁が深い漫画家/映像作家のタナカカツキが作詞に挑戦した“空水になる”や、降神の志人が驚異的なラップを聴かせる“賽の河原 ~八俣遠呂智の落とし子と鬼八の祟り~”など、ゲストも招いて多彩なサウンドが花開いた本作の制作エピソードをたっぷりと語ってくれた。

★インタヴューはこちらから

タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy