ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シミができやすくなる!? 朝に食べるとよくないもの3つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


春先に注意したいのが紫外線です。
日差しが強くないからと紫外線対策を怠っている人いませんか? わたしは、毎年「今年は日焼けしないぞ!」と意気込みながら、気がついたら黒く…。というタイプです(ーー;
白い肌を手に入れるべく、深澤亜希さんの著書『白ツヤたまご肌のつくりかた』(三空出版)を読んでいたら、意外な事実を発見しました。
みなさんは、陽にたくさん当たった日に補給すべき栄養を知っていますか?
正解はビタミンエース(A、C、E)です。でも実は陽に多く当たるからといって朝から食べてしまうと逆効果なものもあるそうなんです。
紫外線ケアで注意する「朝にたくさん食べてはいけない食べ物」を3つご紹介します♪

抗酸化作用のあるビタミンエースが含まれる食べ物は、シミだけじゃなく、肌荒れ、シワ、ニキビ予防などアンチエイジングにも効果大

と本には書いてあるのですが、以下の3つは注意が必要なのだそうです。

1. レモン、オレンジ
2. キウイ
3. いちじく


と、朝によさそうなフルーツばかりですよね。

理由は、これらの食品には、紫外線の感受性を高める「ソラレン」という物質が含まれていて、これをとることで紫外線に肌が敏感になり、シミができやすくなる、といわれているため

朝ごはんのデザートにみかんを食べていたわたしは大失敗を犯していたようです。夜に食べる分には問題ないそうなので、これからは日が暮れるのを待って食べることにします^^;
わたし自身は大人になるまで日焼けなんて気にしないアウトドア派ですが、最近日々肌の衰えを感じています。そして「今からケアしても間に合わない…」と思って悩んでいたところに見つけたのがこの本でした。
著者の深澤さんも30を過ぎてからスキンケアに目覚めた人なので、まだギリギリ大丈夫かも(><)と願いを込めて読みました。
他にもうっかり紫外線に当たってしまったときには、「72時間以内に集中美白すべし」や「焼けた肌への化粧方法」なども載っています。
シミ・そばかすは徐々に進行するものです。毎日のケアで白い肌を手に入れましょう!
photo by Thinkstock/Getty Images
(女子BOOKウォッチャー/日向みるく)



(グリッティ)記事関連リンク
サロンのようなキレイな仕上がり。秘密は二度塗りがいらない新ブラシ!?
ダイエット日までわかる! 女性のカラダリズムがチェックできる体温計+アプリ
一度の注射で半年持続! 汗もニオイも抑える「脇ボトックス」って?

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP