ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コーセーがこの春“大学”を開校!?私たちに身近なあの食品のパワーを紹介!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

春といえば入学シーズンだが、化粧品会社のコーセーが、ユニークな“大学”を開校した。

今回登場したのは、「コーセー肌極大学」。大学とはいっても試験や通学の必要はなく、スキンケアブランド「肌極 はだきわみ」に配合されている100%米由来のエキス「ライスパワーNo.11」にちなみ、お米の力を改めて学んでいくウェブ上の仮想大学(http://www.hadakiwami-univ.com/)だ。

第1弾では、一般から公募した女性11名が田植えから収穫までを体験する様子を順次公開し、収穫したお米を使った「ライスパワーNo.11」配合製品が商品化される過程を学んでいく。

そのほか、ウェブサイト「MYLOHAS」やマルコメとのコラボで、お米について“美容”や“食”の観点から見つめ直すコンテンツも登場予定。さらに、6月1日~30日までは、農園から届く旬の恵みを楽しめるレストラン「六本木農園」を“学食” とし、オリジナルメニューを提供するなど、お米のつくり方やその秘められたパワーをトータルに紹介していく。

世の中にはたくさんの基礎化粧品が出回っているが、実際どのようにつくられているのかは、あまり知られていないもの。私たちが毎日口にしているお米について学び直すとともに、スキンケア商品ができるまでの過程を見ることができる数少ないチャンスとなりそうだ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP