体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3月24日 アベノミクスの今後の展望について、田原総一朗氏と竹中平蔵氏の緊急対談

3月24日 六本木アカデミーヒルズにて
経済政策「アベノミクスチャンネル」
安倍内閣の放つ三本の矢は、日本経済を成長軌道へと導くことができるのか?  
アベノミクスの今後の展望について、
田原総一朗氏×竹中平蔵氏緊急対談全篇です。
【協力:アカデミーヒルズ】【主催:東京プレスクラブ】
プロフィール
【田原総一朗氏】
1934年、滋賀県生まれ。
60年、岩波映画製作所入社、 64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。 77年にフリーに。
テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』で テレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。 
98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。
現在、早稲田大学特命教授として大学院で講義をするほか、「大隈塾」塾頭も務める。 『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数。 また、『日本の戦争』(小学館)、『田原総一朗自選集(全5巻)』『絶対こうなる!日本経済』『田原総一朗責任編集 ホリエモンの最後の言葉』(アスコム)など、多数の著書がある。 
【竹中平蔵氏】
1951年和歌山県生まれ。一橋大学経済学部卒業。
ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを経て、2001年小泉内閣で経済財政政策担当大臣を皮切りに、金融担当大臣、郵政民営化担当大臣兼務、総務大臣を歴任。2006年より現職。経済学博士。
著書は、『経済古典は役に立つ』(光文社)、『竹中式マトリクス勉強法』(幻冬舎)、『構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌』(日本経済新聞社)、『研究開発と設備投資の経済学』(サントリー学芸賞受賞、東洋経済新報社)など多数。

書起し全篇です。
司会:それでは皆さんこんばんは。
お時間になりましたので、始めさせていただきます。
本日は3月から正式オープンします、安倍内閣の経済政策を徹底検証することを目的とするニコニコ動画のチャンネル、「アベノミクスチャンネル」のオープンを記念しまして、特別対談として開催することとなりました。
本日ゲストにはジャーナリストの田原総一朗様、そして慶応義塾大学教授グローバルセキュリティ研究所所長、アカデミーヒルズ議長の竹中平蔵先生をゲストにお迎えしています。
それでは早速、特別対談「アベノミクスはどこへ向かう」を始めたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

竹中:田原さん、今日はよろしくお願いいたします。

田原:よろしくお願いします。

竹中:アベノミクスについて、今更「三本の矢」の解説も必要ないと思うんですけれども、これまでの安倍内閣の動き全体を、田原さんご自身はどんな風に総括をしておられますか。

田原:まず、お尋ねしたいんですが、実はアベノミクスに日本の有力な経済学者、エコノミスト、本音は全部反対なんです。
ところがマーケットが円安になり、株価が1万2千円と上がってきた、かつて8千800円ですからね、円だって77〜78円、これが95〜96円。
マーケットがアベノミクスに右上に反応してるから、本当は反対の東大はじめ、経済学者が怖くて反対できない実態があります。
アベノミクスに「本当にこれはいいよ」と言ってるのは、いくらもいない。それはもう竹中さんと高橋洋一と浜田幸一ぐらいなんですよ、はっきり言って。

竹中:今の浜田先生の名前も挙げられて、田原さんのご指摘は実は冷静に考えると非常に正しいんです。なぜならば、インフレ・ターゲティングの議論は10年前からやっています。10年前から私たちはずっと主張してきたけれども、多くの反対で実現しなかった。
もう一つはいわゆる上げ潮戦略というか 成長戦略。これはもうずっと10年前から言ってるんですけども、これはメインストリームの人たちは確かに反対している。

田原:自民党でも上げ潮戦略っていうのは中川昭一さんくらいで全然孤立した。

竹中:ただ逆に言うとやっぱり”総理の力”ってすごいと思うんです。
一点突破した安倍さんの力。私はすごいと思うし、同時に一度安倍総理として総理を退かれてから今までの間に安倍さんご自身がどんな風にしてここまで強く、この信念を成長と、脱デフレ、インフレ・ターゲティングに、どこまで強く信念をお持ちになったのかっていうのは、これ一度ゆっくり安倍総理ご自身に聞いてみたいところなんです。
でも田原さんはだいぶインサイドストーリーをご存知かと思うんですが……。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12次のページ
東京プレスクラブの記事一覧をみる

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。