ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Viewabill」でわかりにくい弁護士からの請求書を明瞭に! 実働時間、活動状況なども把握可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビジネスの世界において、契約や法規に関わるシーンでは、法律の専門家である弁護士のお世話になることもあるだろう。ただ、彼らを雇う料金は決して安いものではなく、請求書の計上金額を見て愕然とした経験もあるかもしれない。クライアント側としては、弁護士からの請求については詳細が見えないため、彼らを信じて請求金額どおりに支払わざるを得ないケースも多かった。不透明な弁護士の支払いを、もっと明瞭にクリアにしようというのが、「Viewabill」というアプリである。

この「Viewabill」は、弁護士が請求書に計上する金額を、リアルタイムで参照できるダッシュボードになっている。弁護士が依頼案件に対応するために、実際どのような活動をおこなっているのか、どれくらいの時間携わっているのかなどが即座にわかるようになった。これまでは弁護士の主張を一方的に信じるしかなかったクライアントにとって、請求の詳しい内容や実態が逐一把握できるようになり、請求内容に透明性が生まれるようになる。もし、後日発行される弁護士からの請求書で不明な点があれば、クライアントはこのアプリを通じて、過去のデータと照らし合わせて問い合わせることもできる。

また、クライアントはこのアプリ上で、専門業種を問わず、複数の事務所にまたがって情報を一元管理できるため、とても使い勝手がよい。さらに、あらかじめ支払いの予算を一定の金額に設定しておくことで、数値を超えた場合、メールなどで知らせる機能もあり、びっくりするような請求金額になる心配も避けられそうだ。この「Viewabill」のセキュリティは、“銀行レベル”だという。

弁護士事務所がアプリ利用料金を支払うことで、クライアントはこのアプリで自由にデータを参照できるようになる。料金は1案件につき、4ドル(10案件まで)の“Soloプラン”、1案件につき、3.2ドル(500案件まで)の“Professionalプラン”、無制限の条件で使える“Unlimitedプラン”などが用意されている。この「Viewabill」アプリは、PC、モバイルで利用可能だ。

Viewabill

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。