ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC、中国でスマートフォンの注文時に一部スペックをカスタマイズできる取り組みを実施

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCが先日中国市場向けに発表した「HTC E1(603e)」で注文時に端末のカラーや一部のスペックをユーザーで選択して注文できるちょっとしたBTOサービスの下で展開していることが判明しました。HTC E1は4.3インチWVGA解像度のSuper LCD2と1.15GHzデュアルコアプロセッサを搭載したミッドレンジクラスの機種で、OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)、Sense 4+を搭載し、Beats Audioにも対応しています。また、デュアルSIM対応機種なので、2枚のSIMカードを挿して両方の電話番号で待受けることも可能です(GSM+GSM、GSM+WCDMA)。HTC E1は、HTCの中国向け直販サイトでカスタマイズできます。カスタマイズ内容は、内蔵ストレージを8GBと16GBから、カメラの画素数を500万画素と800万画素から(どちらも720p動画撮影対応)、そして、本体色を6色から選ぶことが可能となっています。価格は1,699元~1,899元。Source : HTC China



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsungのハイエンドタブレット「GT-P82XX”Roma”」の主要スペック情報が流出
Androidの1日あたりのアクティベーション数が150万台を突破、Eric Schmitd会長が明かす
ロッテ、”爽”アイスの蓋の上でももクロのライブ映像が視聴できるARアプリ「爽快!ももクロフタの上ツアー」をGoogle Playストアでリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP