ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

長谷川豊氏がブログ言及の「カトパンが庇った先輩アナ」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 元フジテレビアナウンサー、長谷川豊氏(37)の『長谷川豊のAmerican Journey最終章』と題するブログが、大きな反響を巻き起こしている。

 ブログの記事では、加藤綾子アナのオフィシャルブログが1日3万PVしかないことに触れ、<もっとがんばれよ>などと辛口に激励。4月7日の記事では、<加藤アナのブログをいじったのはもちろんただのからかいです>と釈明。そのついでなのか、こんな事件もぶちまけてしまった。

 それはカトパンがまだ入社1年目の頃、アナウンサー室のメンバー7、8人で飲みに行った時のことである。他のアナウンサーの噂話や面白エピソードで盛り上がるなか、「男に軽い」「ダメ男に引っ掛かりやすい」とある女子アナを名指ししての陰口合戦が始まった。

 すると、飲み屋のテーブルがポーンと鳴った。皆が向けた視線の先には、丸めて固めたおしぼりで机をポンポン叩きながら怒っているカトパンの姿が。

<「○○さん、そんな人じゃありません! みんな何も知らないくせに!」いや~でもさ~という先輩アナ数人に対して、一歩も引かないパン子(←加藤アナのあだ名)>

 カトパンはその女子アナに世話になったことがあるらしく、こんな場所でネタにされて可哀想だということらしい。“現場”を目撃した長谷川氏のカトパン評は、

<あはは、面白いやつだ。普通、1年目なんて、もっと先輩にビビってるぞ。真っ直ぐ。そんな言葉がぴったり>

 というものだが、カトパンがかばった女子アナとは誰なのか。アヤパン? それともナカミー!? 番組関係者がいう。

「カトパンがかばった先輩とは、松尾翠アナのことです。当時、彼女は過去の不倫疑惑などが取り沙汰されていましたからね」

 本誌は渦中の長谷川氏を直撃。言及されていたカトパンについて尋ねると、

「あのルックスで、育ちも良くて、それでフジテレビに入社して、すぐに売れっ子アナウンサーになって、そんなヤツがピアノも弾けて性格もよくってって面白くも何ともないじゃないですか(笑い)。残念なことにね、残念なほど性格もいいんですよ。上履きとか隠せっていってるんですけどね(笑い)」

 と、ブログ以上にトークは舌好調だった。

※週刊ポスト2013年4月26日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日テレ・葉山エレーヌ 超ミニホットパンツで出社し局員唖然
カトパン「イメージが軽い」でアヤパンの後任の座を逃す
フジの未来のエース・ミオパンは「考えられないほど音痴」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。