ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Acer、4.5インチディスプレイ・クアッドコアCPUを搭載Androidスマートフォン「V370」を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Acerが新型Androidスマートフォン「V370」を開発している模様です。中国 工信部の認証情報よりその存在が明らかになりました。認証情報によると、V370は4.5インチqHD解像度のTFT液晶と1.2GHzのクアッドコアプロセッサ、Android 4.2.1を搭載したスマートフォンです。プロセッサ仕様は不明ですが、おそらく、MediaTek MT6589でしょう。だとすると、比較的価格は低いと思います。RAM容量は不明です。内蔵ストレージの容量は4GB、Micro SDカードも利用可能。カメラは背面に800万画素と前面に200万画素を搭載。本体サイズは131mm×68mm×9.9mm、質量は139g。通信方式はGSM/WCDMAに対応しています。背面を見ると、本体上下にスピーカー口らしきものがあります。ステレオ出力対応機種ということでしょうか。Source : Tenaa



(juggly.cn)記事関連リンク
Rockchip、28nmのデュアルコアプロセッサ「RK3168」を公開
Galaxy S 4、米国では米AT&Tより4月26日に発売予定、米Staplesの内部資料が流出
9.7インチRetinaディスプレイとExynos 5250プロセッサを搭載したAndroidタブレットを中国メーカーがHKTDCで披露

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP