ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シャーベットカラーを効果的に見せる「アイシャドウ」の入れ方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

130312make01.jpg
今年の春は洋服もメイクも断然、明るいカラーがカワイイ! 今回の「モテメイク術」は、春らしくシャーベットカラーのアイシャドウを使って、色であそぶ春メイクをご紹介。
これだけで一気にオシャレ度アップしちゃいますよ♪

1.アイホール全体にベースのオレンジシャドーを塗る

130312make02.jpg
ベースにはツヤ感を出すオレンジシャドーをチョイス。アーモンド型になるよう黒目の上を少し高めに塗ります。

2.シャーベットカラーのシャドーを太めに入れる

130312make03.jpg
エメラルドグリーンのアイシャドウを、アイラインを”引く”ようにいれていく。目尻を太めにキュッと跳ねあげて、ぼかさず強めに入れると今年っぽくなります。スーッと横に流すイメージで力を抜いて引きましょう。
☆Point:カラーメイクに慣れていない人は、目の下のキワにゴールド系のアイシャドウを塗ると、軽くてやわらかな印象に。

3.黒アイライナーを目のキワに引いて引締める

130312make04.jpg
まつげの隙間を埋めるようにアイラインを引きます。このとき、まぶたを上にグイっと持ち上げると引きやすいです。ラインの終点はアイシャドウ同様、目尻に沿って跳ね上げる。
☆Point:つけまつげの幅に合わせて少し長めに引くと仕上がりがキレイです。

4.つけまをつけて完成!

130312make05.jpg
最後に、つけまつげをつけて、下まつげにはマスカラを塗って完成。つけまつげは、自分のまつ毛と一緒に、綿棒などでグッとおしあげるようにすると、自然になじみます。
シャーベットカラーは、意外に服のカラーを選ばないので合わせやすいですよ。基本を抑えて、今年はカラーメイクにいっぱい挑戦してみてくださいね!

takamake.jpgメイクを教えてくれた人:モテ顔クリエイター/高岸裕一
美容学校の講師やTV、雑誌のヘアメイク、大手化粧品メーカーのアーティストなどで活躍中。誰からも愛されるモテ顔メイクを得意とする。

(ボディデザイナー/大西マリコ)



(グリッティ)記事関連リンク
「キツイ顔」を柔らかい印象に見せるメイク術
うるうる目元にキュンキュン! ウサギ系ピンクメイク
「顔ちっちゃいね!」と言われるようになる、小顔メイクテクニック

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。