ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アニメ『よんでますよ、アザゼルさん。Z』クロスレビュー[8/10点] ゲスな人気アニメが帰ってきた!(モザイク多め)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫



2013春アニメクロスレビュー『よんでますよ、アザゼルさん。Z』

芥辺探偵事務所で働く女子大生・佐隈りん子。
彼女は雇い主である芥辺に素質を見出され、助手として依頼をこなしていくうちに、「悪魔探偵」という芥辺の裏の顔を知ることになる。
ある日、芥辺がグリモアという魔導書を使い魔界から召喚したのは、とんでもなく下品な悪魔・アザゼル。イケニエと引き換えに、依頼に向かったアザゼルだったが、事態は思わぬ方向に…!?
役に立ちそうで立たない個性豊かな悪魔たちと佐隈の騒がしい日々は今日も続いていく…。

制作/プロダクションI.G
監督/水島努
声優/小野坂昌也、佐藤利奈、浪川大輔
4月6日よりスタート
TOKYO MX 毎週土曜日 25:00~
公式サイト:http://kc.kodansha.co.jp/azazel/[リンク]

2013春アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均 

8/10点(レビュアー 4名)

アニ二郎探検隊のレビュー

演出 8
脚本 8
作画 8
OP / ED 9
もっさん愛しい度 10
-----
総合 8

いきなりのもっさんOPでいったい何が起きたのかと思いましたが、げっすいアニメの第二期です。相変わらずの規制入るくらいの血しぶきやベタな暴れっぷりに何にも考えずに笑える15分のアニメは良いですね。
まだ悪魔も恐れる真の悪魔がちゃんと出てきていないのでもっと盛り上がってくると思います。主題歌は前作に引き続き米倉千尋さんで桁外れの歌唱力で作品を一段上のものに昇華させております。
もっさんぬいぐるみ欲しいなぁ。

藤本エリのレビュー

演出 10
脚本 9
作画 8
OP 7
ますます地上波の放送が難しいんじゃ?度 10
-----
総合 9

今期一番楽しみにしていた一作。漫画ももちろん、一期がかなりお気に入りなのでワクワクしていました。もっさんアニメのOPではじまったまさかのスタートにもニヤニヤ。なぞのおにいさん=浪川さん! べーやんや、これから登場するサルガタナスも楽しみ……って放送出来るのか!? 15分ですし、疲れないので下品なヤツが苦手じゃなければオススメ!

srbnのレビュー

演出 6
脚本 6
作画 6
OP / ED 6
サクサク観られる 9
-----
総合 6

前作未見。一期観てないとちょっとよくわからない部分が多いけどアニメ自体短いので追いつこうと思えば余裕ですね。テンポがいいのでたまたま観たっていう人でも15分間チャンネル変えることはないでしょう。毎週視聴するとなるとノリについていけるか不安な感じもするので要注意かな。本編とは関係ないですが、アザゼルとかベルゼブブとか聖書に出てくる天使や悪魔のことよく知らないので勉強しなきゃなあと思いました。

鬼嶋ピロのレビュー

演出 9
脚本 8
作画 9
OP / ED 8
はじけてますよ、小野坂さん度 10
-----
総合 9

アザゼルさんではなく、いきなりもっさんから始まった今作、アザゼル2期www1期の時から評判良いですねwwwこのもっさんOP歌ってるの浪川さんじゃね?ww
一つ言える事は、何故俺はちゃんと1期を見ていなかったのかwwwww
この作品のギャグのテイスト大好きだわwwモザイク多めなのが実にひっどいwww
出演陣も小野坂さん浪川さんヒロCを筆頭に安定しているから面白いのも当然ですわなww悪魔達の本来の姿初めて見たwww
2期から入っちゃっても問題無いし、気になれば調べりゃ良いんだし、銀魂とかのギャグ回のノリとか好きだった人には是非お薦めしたい作品ですわwww

レビュアープロフィール

アニ二郎探検隊
アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

藤本エリ
日常系アニメと、黒髪&細身キャラクターをこよなく愛するアニメ・声優好き。一番応援している声優は小野大輔さん。好きな監督は水島努さん。

srbn
OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

鬼嶋 ピロ
業界の隙間でぬるっとなんやかんやしてるアニヲタDQNですw

アニ声 -声優のまいにち-の記事一覧をみる ▶

記者:

アニメ、ゲームなどで活躍する声優さんに関する情報、イベントレポートなど、声優ファン必見のブロマガです。

ウェブサイト: http://ch.nicovideo.jp/anikoe/blomaga

TwitterID: voiceanime

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP