ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アニメ『フォトカノ』クロスレビュー[6.8/10点] 欲望の赴くままに女のコを撮りまくる主人公がうらやまけしからん

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2013春アニメクロスレビュー『フォトカノ』

ファインダーの向こうのキミに……恋をした。」人気恋愛シミュレーション「フォトカノ」がアニメ化決定!

主人公前田一也(まえだかずや)は、光河(こうが)学園に通う高校2年生。特に心が沸き立つこともなく、平凡に夏休みが終わろうとしている。
そんな、夏休み最後の夜。主人公は父親からデジタル一眼レフカメラを譲り受けた。これまで、デジカメには特に興味がなかった主人公だが、いざ手にしてみると、そのずっしりとした手応えと、機能美に魅了された。もともと、いわゆるデジモノが好きなのだ。
『とりあえず、明日、学校へ持って行って、何か撮ってみるか』
代わり映えのしない毎日に、変化が生まれた瞬間だった…

制作/マッドハウス
監督/横山彰利
声優/島崎信長、伊藤かな恵、中原麻衣
4月4日よりスタート
TBS 毎週木曜日 よる25:58~
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/anime/photokano/[リンク]

2013春アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

6.8/10点(レビュアー 5名)

アニ二郎探検隊のレビュー

演出 7
脚本 6
作画 7
OP / ED 7
実際やったら捕まるよね度 10
-----
総合 7

ヒロインみんなかわいいわー。あんまり趣味の続かない主人公が父親から貰ったカメラを手に色んな所を徘徊。 女の子に対していきなり写真を撮りまくり、見つかってもいい被写体を見つけてとかえらいことを言うので 袋叩きに会うかと思いきや仲良く談笑しちゃうのがとてもうらやましい。 実際にそれをやったらほんと袋叩きにあってカメラ壊されて変態の称号を付けられ悲惨な生活を送るところまでは予想した。 とにかくヒロインはみんなかわいい。

srbnのレビュー

演出 6
脚本 7
作画 7
OP / ED 6
みえ 9
-----
総合 7

高校生活に色がなく趣味をいろいろ乗り換えてきた主人公が親から譲り受けた中古のデジタル一眼レフカメラを手に写真部に入部し変態写真を撮りまくるお話。最初の写真部かフォト部かの選択肢でフォト部を選んでたらどうなったんでしょうね。幼なじみと妹という2つのハブを駆使していろんな女の子に接近する、ある意味王道ストーリー。本格的に写真撮り始めるのは2話以降でしょうか。どんな写真を撮るのか楽しみですね。

鬼嶋ピロのレビュー

演出 8
脚本 7
作画 8
OP / ED 8
この緑川さんノリノリである度 10
-----
総合 8

冒頭からカメラ祭りで実に香ばしい紳士アニメ臭が漂う今作wwアマガミ的な感じを受けますwwwもうね、カメラアングルが紳士的過ぎて素晴らしいwww女キャラの多い作品は個人的な期待値が上がりますぶひぃwww
幼馴染みっぽいヒロインに、胸元お留守なAWP(アヘ顔Wピース)・・・・じゃなくてうさみみピースで「にーやん」とか呼んで来る貧乳妹、巨乳の先生は天然とゆーお約束、その他にも沢山で推しメンを誰にしようか悩むなwwwふむ、ソフト部の巨乳ショートの子が良いかもしれないwww
そして校舎内をカメラ片手に駆け回る変態紳士な主人公、現実ならイケメン以外は許されない所業であるが、きっとコイツなら僕らの求めるナニカをやらかしてくれるはず!www
更には写真部の変態先輩としてグリリバさんがw写真部=変態の解釈でおk?www次回予告の緑川さんが紳士過ぎるので必聴であるww

ジョージ・レックのレビュー

演出 6
脚本 6
作画 6
OP / ED 6
アマガミっぽさ 8
-----
総合 6

親からカメラを譲り受けた高校生の男の子がその湧き上がる撮影欲求のまま、周りにいる美少女たちを次々に激写していくというアニメ。主人公がモテまくる所謂『ハーレム系』アニメではなく完全に『フェチ系』の作品。随所に登場する女性キャラたちのアングルや艶かしいポーズを楽しむグラビアアニメといっていいだろう。昨今多用されがちな直接的な『脱ぎのエロス』ではなく、マニアックに傾倒した『着エロ』に近い。主人公の男は悪い子ではないだが、彼を引きこもうとする写真部の連中がただの変態どもなのでそこが下品になっているのがちょっと。君たちが真似しても捕まるだけなので、そこだけは注意しよう。

tkngのレビュー

演出 5
脚本 6
作画 8
OP / ED 4
お巡りさんコッチです度 8
-----
総合 6

NHKアニメのような曲に、けしからん画像と本編映像がゆっくりと流れていくOPからはじまる。こういったゆるゆるしたOPは最近の流行りなのだろうか?
カメラをもって数日の主人公が「すべてが被写体に見える」と言っているのは、いわゆる中二病の気がしてならない。それを理由に可愛子チャンばかりをこっそり撮ってるんだから、そのうち「事案」に発展してもおかしくない。
映像はものすごく綺麗で、特に写真をとる際の被写体のキラキラ感は素晴らしい。撮っている人物がCGになるのもなかなかおもしろい演出である。ただ、見ていて「はたして1クールももつのであろうか」と思ってしまう。今後の展開とけしからん写真たちに期待したい。余談だが、提供クレジット中の映像は今季イチである。

レビュアープロフィール

アニ二郎探検隊
アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

srbn
OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

鬼嶋 ピロ
業界の隙間でぬるっとなんやかんやしてるアニヲタDQNですw

ジョージ・レック
古いアニメから最新のアニメまで広く浅く監視中。ロボット・能力バトル・恋愛・日常…なんでも食う系男子。好きなアニメは「聖闘士星矢」「輪るピングドラム」「ぱにぽにだっしゅ!」

tkngのレビュー
元声オタ。
2007年のAice5解散を期にアニメ・アニラジの視聴をいったん卒業するも、なんやかんやで暇になったのでアニメの視聴を再開。現在に至る。

アニ声 -声優のまいにち-の記事一覧をみる ▶

記者:

アニメ、ゲームなどで活躍する声優さんに関する情報、イベントレポートなど、声優ファン必見のブロマガです。

ウェブサイト: http://ch.nicovideo.jp/anikoe/blomaga

TwitterID: voiceanime

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP