ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アニメ『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』クロスレビュー[7/10点] 今後面白くなりそうな期待のロボットアニメ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2013春アニメクロスレビュー『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』

地球暦2110年。
宇宙に進出を果たした人類は、数多の資源小惑星を手中に収め、その未来と繁栄は約束されたかに思えた。しかし、外宇宙への橋頭保たる木星圏に、汎銀河統一帝国を名乗る謎の勢力・ウルガルが襲来。地球は存亡の危機に陥った。その頃、遺伝子操作で宇宙に適応できる人類を生み出そうとするプロジェクトによって生まれた特務機関 MJPに所属するチームラビッツの少年達は、最新鋭の戦闘デバイス「アッシュ」を受領し、あろうことか、全地球防衛軍・GDFの撤退の盾として前線に送り込まれてしまう。圧倒的な戦力を誇る敵軍に対し、果たして彼らは生き残ることができるのか…。

制作/動画工房×オレンジ
監督/元永慶太郎
声優/相葉裕樹、日笠陽子、池田純矢
4月4日よりスタート
TOKYO MX 毎週木曜日 よる22:30~
公式サイト:http://mjp-anime.jp/[リンク]

2013春アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均 

7/10点(レビュアー 5名)

アニ二郎探検隊のレビュー

演出 8
脚本 8
作画 8
OP / ED 8
専門用語に気をつけろ度 10

-----
総合 8

キャラクターデザインはガンダムSEEDを思い出させますがオリジナルのロボットアニメです。それぞれ能力は高いもののチームになったら互いの足を引っ張り合い全然結果を出せない個性的な奴らが新型のロボットを与えられ最前線に。果たして、生き残ってヒーローになれるのか。
個人のDNA情報を入力して精度を上げるジュリアシステムを搭載したアッシュという機体。なかなか派手な戦闘シーン。個性的な男女のキャラと来れば期待値が上がりますな!

srbnのレビュー

演出 6
脚本 6
作画 8
OP / ED 6
宇宙バトル感 7
-----
総合 7

個々の能力が高いのに意思疎通がバラバラでチームプレイがてんでダメで最悪の組み合わせに思われるけど力を合わせると実は強い系作品は好きです。ヘタレ主人公かと思いきや意外と熱血漢でイライラしなさそう。1話の戦闘はかなり爽快感のある派手な戦闘でしたが、機体の強さだけに頼ってる感もあるので今後の戦闘がどうなるのかに注目したいです。

鬼嶋ピロのレビュー

演出 8
脚本 7
作画 8
OP / ED 7
エロいオネーチャン出そうな期待度 10
-----
総合 8

今期のちょいちょい始まったロボットものアニメの一作である今作wwキャラデザの人が蒼穹のファフナーとかガンダムSEEDの人みたいっすねwwwうーむ、ちょっとキャラ絵が崩れすぎちゃうのが勿体無いww
主人公たちは5人チームなんで、つまりは戦隊みたいな感じの狙いなのかね?残念ファイブww女教官も王道的にエロいので素晴らしいですな、実に好みですし俺もその舐めかけのアメが欲しいですprprwwwちなみに指令みたいな人は常時目隠しプレイ中なのできっと変態ww
それぞれの機体の性能が違うのは勿論だが、整備班の色(人種w)が違ってるのは良いなwww
そしてロボはカッチョ良いし作画も良い、戦闘パートはなかなかに見応えありますよwww
2話以降は是非キャラにも力が入っていると良いな~www

tkngのレビュー

演出 7
脚本 7 
作画 6
OP / ED 5 
常に鬱展開を身構えてしまう度 9
-----
総合 7

キャラデザ担当が数々の鬱展開アニメに参加しているベテラン平井久司であることに若干の不安感を抱いたものの、各キャラクターの表情が豊かで、随所に散りばめられたギャグ要素は見ていて楽しい。
声優を見てみると特撮出演経験もある俳優、相葉裕樹と池田純矢が参加しており、1年間アフレコを経験していることもあり、池田さんは声優初挑戦を感じさせない非常にすばらしい演技だった。相葉さんは主人公を演じているが、他のキャラが濃すぎてあんまり覚えてない。。。
メカに関しては文句なし。全機ともコンセプト・フォルム・ギミックが全く違うし、各マシンごとについているメカニックもそれぞれ個性豊か。
公式サイトを見ると細かい設定にまで力を入れており、今後の展開も楽しみである。

ジョージ・レックのレビュー

演出 5
脚本 5
作画 4
OP / ED 5
目新しさ 1
-----
総合:5

キャラクターデザインは『蒼穹のファフナー』『ガンダムSEED』などで知られる平井久司であるが、個人的にはデザインが若干古く感じるのと、平井絵=腐女子のエサという刷り込みがあるため苦手意識がある。
とはいえ戦闘シーンやバラエティ豊富なロボなどはロボアニメ好きとしては嬉しいし、軍事・SF考証に『ストパン』『ガルパン』で活躍した鈴木貴昭氏も携わっているので注目。これでカタルシスの感じられるようなロボアニメになるのならばまあまあだし、シリアスめいた群像劇になるんなら地雷。

レビュアープロフィール

アニ二郎探検隊
アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

srbn
OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

鬼嶋 ピロ
業界の隙間でぬるっとなんやかんやしてるアニヲタDQNですw

tkng
元声オタ。2007年のAice5解散を期にアニメ・アニラジの視聴をいったん卒業するも、なんやかんやで暇になったのでアニメの視聴を再開。現在に至る。

ジョージ・レック
古いアニメから最新のアニメまで広く浅く監視中。ロボット・能力バトル・恋愛・日常…なんでも食う系男子。好きなアニメは「聖闘士星矢」「輪るピングドラム」「ぱにぽにだっしゅ!」

(C)創通・フィールズ/MJP製作委員会

アニ声 -声優のまいにち-の記事一覧をみる ▶

記者:

アニメ、ゲームなどで活躍する声優さんに関する情報、イベントレポートなど、声優ファン必見のブロマガです。

ウェブサイト: http://ch.nicovideo.jp/anikoe/blomaga

TwitterID: voiceanime

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP