体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SuiseiNoboAz、メジャー初アルバム『ubik』をエイベックスから発売

 

 

2007年の結成以来、アグレッシヴかつフリーキーなギター・サウンドと硬質でズ太いグルーヴ、独特の世界感を持った歌詞などで評価を集めてきた東京・高田馬場発の3ピース・バンド、SuiseiNoboAz。彼らのニュー・アルバムが、エイベックスのレーベル〈cutting edge〉からリリースされることがあきらかとなった。

これは、本日4月12日に東京・渋谷O-nestで行われたライヴにてバンドが発表したもの。彼らにとって通算3枚目のアルバムとなる本作のタイトルは『ubik』で、発売日は6月12日に決定。これまで、ZAZEN BOYSの向井秀徳プロデュースによるファースト・アルバム『SuiseiNoboAz』、曽我部恵一やLOSTAGEらとの仕事で知られる池内亮がエンジニアを務めた前作『THE(OVERUSED)END OF THE WORLD and I MISS YOU MUH-FUH』など、強烈な作品を残してきた彼らだけに、待望のメジャー初アルバムがどのような内容となるのか楽しみなところだ。

なおSuiseiNoboAzは、『ubik』のリリース・パーティーを7月12日(金)に渋谷O-nestで開催。トリプルファイヤーなどのゲスト・アクトも予定されているので、ファンはこちらの詳細発表にも注目しておこう。

タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy