ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スクエニ「トゥームレイダーの日本語化ファイルを30ドルで売るよ!」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


UKチャートで2周連続1位となった『トゥームレイダー』最新作。海外では3月5日に既に発売されSteamでの値段は49.99ドルとなっている。日本語版は4月25日に7800円で発売予定となっている。

しかしそんな海外版に日本語字幕と音声が紛れていたのである。言語設定でも日本語を選択可能となっており、完全に日本語にすることが可能であった。しかし先日のアップデートで日本語が削除されるという出来事が。選択可能であった言語設定の日本語も選択不可能となってしまった。

そんなことから日本語で遊びたいユーザーは日本語版を買わざるを得なくなってしまった。もちろん49.99ドル(約5000円)ではなく、7800円という値段を払って。
削除直後、怒ったユーザーたちが「トゥームレイダー日本語版不買運動!」を起こしてメーカーに反発するという出来事もあったようだ。

パブリッシャーのスクウェア・エニックスは『トゥームレイダー』の日本語化ファイルを提供すると公式サイトにて発表。しかしサイトには無償ではなく「配信価格:30ドル」と書かれている。つまり49.99ドルで海外版を購入し、プラス30ドル(計79.99ドル:約7930円)で日本語化しなくてはいけない。

更に提供時期が日本語版のリリース時期と同じ4月25日からとなっている。日本のメーカーなのに、どれだけ日本語化に消極的なメーカーなのだろうか。前回も書いたが、UBIやベセスダ、EAといった海外メーカーの方が日本語化に積極的である。

トゥームレイダー 「Japanese Language Pack」販売のお知らせ

※画像はsqex-ee.jpより引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP