ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンクのシャープ製スマートフォン一部機種でエコ技設定アプリ利用中に不具合、Pantone 6 200SHには対策版ソフトウェアを配信開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは4月12日、シャープ製Androidスマートフォンの一部機種において、「エコ技設定」アプリの省エネ待受設定に「メール」アプリを動作制限対象にすると、スリープ中にSMSやS!メールが受信できなくなる事象を確認したと発表しました。ソフトバンクによるとこのような事象は「災害用伝言板」や「ボイスメッセージ」などを動作制限対象に設定した場合も発生するそうです。動作対象にすると、そのサービスの通知が受信できなくなると言われています。回避策は当該アプリを動作制限対象から外すことで、ソフトバンクは今後、「メール」「災害用伝言板」「ボイスメッセージ」などの一部アプリを動作制限対象に設定できないようにするアップデートを提供するとしています。本事象が発生する機種は、101SH/102SH/102SHⅡ/103SH/104SH/106SH/107SH/107SH B/200SH。このうち、Pantone 6 200SHには本日12日より対策版ソフトウェアが配信されています。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
Motorola X Phoneのウワサ:発売時期が8月下旬以降に延期に?
渋谷に「インテル ドロイド君」が出現、Atomプロセッサ搭載Fonepadの国内発売を予告?
Facebook HomeでAndroidのロック画面を復活させる手順

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP