体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無料入場実現! 『Re:animation』仕掛け人・杉本真之さんに聞く中野開催の理由と新サービス

Reani3_toby

2013年4月13日に東京・中野北口駅前広場で開催される超都市型音楽イベント『Re:animation5』。今回はクラウドファンディングサービス『CAMPFIRE』で支援者を募集し、326人から約190万円もの運営資金を獲得。これにより、入場無料のイベントになりました。アニメと音楽をつなげる場として成長しつつある『リアニ』の仕掛け人である杉本真之さんに、4回にわたって新宿・歌舞伎町で行われていたものが中野に移った経緯や、自身が立ち上げた新サービス『Cloud Fan Club』(https://www.cloudfanclub.com/)について、お話を聞きました。

――2010年12月から『リアニ』を4回続けるにあたって、毎回1000名以上の動員を記録するまでになりました。運営をする上での大変な部分も沢山あったのではないかと思うのですが。

杉本真之さん(以下・杉本):もちろん野外で音を鳴らすということでクレームがあるのですが、周囲が心配することはやはり事件・事故なんですね。そこは細心の注意を払って、スタッフが50人という尋常ではない数を配置して、1人で10人くらいのお客さんが見られるようにしました。ボランティアでやってくれるスタッフにはほんとうに感謝していますし、こちらのルールに応えてくれるお客さんにも感謝ですね。

――自治体の皆さんも、お客さんのマナーのよさには驚いているそうですね。

杉本:お客さんへの信頼を、関係者の方々も持ってくれるようになりましたね。警察などとのやり取りで、無茶な注文がついたこともあるのですけれど、1回目の開催で役所や自治体の信頼感が上がったのが大きかったです。

――開催していく中で、継続が危ぶまれるようなトラブルがあったのでしょうか?

杉本:おかげさまで大きなトラブルは起きていないのですが、一番危なかったのは2011年の7月に開催した時に、消防から「熱中症患者が3人出たら中止」といわれた時ですね。幸い何も起きなかったので、周囲からの信頼が高まることになりました。

――『リアニ5』を歌舞伎町から中野に移す理由を教えて下さい。

杉本:歌舞伎町の再開発でシネシティ前広場が閉鎖になるということで、都内に1000人オーバーのキャパシティの広場を管理している、いろいろなところに企画書を送って開催を打診しました。その中でも一番よく話を聞いてくれたのが中野区の都市観光の部署だったんですね。担当の方はイベントのことを知らなかったのですが、歌舞伎町での4回の開催の実績を見て頂けました。新宿の場合は周囲がビルに囲まれていましたが、中野では歩道で遮るものがなく、すぐそばに住宅地があるので、「こういったイベントをしますよ」というポスティングやあいさつを事前にするようにしています。

――自治体や近隣住民の理解を得るのはとても大変だと思うのですが、どのような交渉をされているのでしょう?

杉本:どこに行っても基本的に事例がないため、「どうしよう」という話になって流れてしまうこともあります。だから、まずはどのような条件があるのか聞いていくところですね。それでその条件に逸脱しないこと。一回やって理解してもらってから、こちらからも「こういうことがやりたい」と相談していく。役所や自治体に味方になってもらうこと。やりっぱなしにしないということが大切だと思っています。でも、今回どこの行政もこのようなイベントはやりたがっていると感じました。例えばジャズフェスや沖縄のエイサー祭りがありますが、その一つとして『リアニ』のようなDJイベントもありますよ、ということですね。

2013-03-29 16.56.57

――今回、『CAMPFIRE』で支援者を募集するにあたって、無料開催にこだわられていたようですが。

1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会