ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

断りたいのに「行けそうなら行く」はNG トラブルの原因に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 言い難いことを伝えたいけど、相手を悪い気分にさせたくない…そんな状況は誰にでもあること。そんなとき何よりも重要なのは、どんな言葉を選ぶかだ。

 たとえば、ママ友が参加したくないイベントに誘われたとき。その場で断りづらい場合に、「主人に聞いてみないと」「子供のスケジュールを確認してから」というフレーズがよく使われる。しかし、話し方研究所会長の福田健さんはこういう。

「即答できないからといって、返事を先送りにすればするほど断りにくくなります。断るなら、理由を添えて態度をはっきりさせ、曖昧な言い方はしないことです」

「行けそうだったら行く」「調整してみます」は、行くのが前提のフレーズで、断るのが前提の場合にはしてはいけない表現。断りにくいからと言い訳をくどくど言い、結局YESなのかNOなのか最後まで言わない場合、相手をイラつかせ、トラブルに発展することもあるという。

※女性セブン2013年4月25日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
トラブル回避言い換え うるさい→元気、まずい→個性的な味
用件の前に必ずつけて人間関係を円滑にする 「和らげ言葉」
「英語はYESNOはっきり」は誤り 実は空気読む能力が必要

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。