ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CyanogenMod 10.1のMシリーズビルド第3弾の提供が開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月11日にAndroid 4.2.2ベースのカスタムROM「CyanogenMod 10.1」の月次ビルド第3弾がリリースされました。MシリーズビルドもNightlyビルドと同じく開発中のベータ版という位置づけのバージョンで、Nightlyビルドをベースに安定性が高められており、日常的な使用に耐えられる内容となっています。第3弾リリースでは、日本語を含む翻訳のアップデート、パイ型操作ボタン、ホームボタンランチャーの設定数拡大などの変更がみられます。サポート機種は公表されていませんが、ROM配布サイトを確認したところ、以下の機種用がダウンロードできるようになっていました。ROMはCyanogenModの配信サイト、ROM Manager、CyanogenModのアップデート機能を通じてダウンロードできます。(cm-10.1-YYYYMMDD-EXPERIMENTAL–M3がMシリーズです)。 Galaxy S III Tmo、Verizon、Sprint、M-PCS、ATT Galaxy S II LTE ATT HTC One X(Endeavor_U) Galaxy Note TMO、ATT Optimus L9 LG Spectrum Galaxy Nexus(Sprint) Nexus 7(GSM/Wi-Fi) Galaxy Nexus(VZW) Optimus LTE(SKT) Nexus Q Nitro HD/Optimus LTE Galaxy Tab 2 10.1(GT-P5100) Galaxy Tab 2 7.0(GT-P3100/GT-P3110) ODROID U2 Nexus 4 Galaxy Nexus(GSM) Galaxy S II(GT-I9100G) Samsung Epic 4G Nexus S 4G Nexus S Acer A700 HTC One XL(Evita)Source : CyanogenMod配布サイト



(juggly.cn)記事関連リンク
メディアドライブ、名刺管理アプリやOCRアプリを4月16日まで半額で提供
Samsung NX2000の写真が流出、Androidベースのミラーレス一眼「Galaxy NX」?
ソフトバンクのシャープ製スマートフォン一部機種でエコ技設定アプリ利用中に不具合、Pantone 6 200SHには対策版ソフトウェアを配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP