ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秘密主義徹底の村上春樹の新作 謎の多さに書店も大わらわ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月12日。村上春樹ファンはこの日を、一日千秋の思いで待ち続けてきただろう。

 単行本3冊と文庫本6冊の累計が770万部を突破した『1Q84』(新潮社)以来となる、3年ぶりの長編『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)の発売。それは、これまで明らかにされてこなかった内容が、やっと白日の下にさらされるということ。そもそもそのタイトルからして、謎を呼んだ。

「村上ファンの間では、多崎つくるが主人公? 多崎が色彩を持たないの?など、タイトルが発表になって以降、疑問が飛び交っていただけに、読むのが楽しみ」(40才・主婦)

 前作を上回るスピードで予約が殺到。発売前から2回も重版がかかり、なんと45万部からのスタートとなった今作。これは、村上春樹流に言えば、「ごく控えめに言っても悪くない」数字だが、いったいなぜ?

 出版社が「その本を売りたい」と思った時にとる、一般的な方法は、“プルーフ”と呼ばれる校正刷りの段階の原稿を書評家や他の出版社、新聞社、書店などに送ること。早く本を読んでもらえれば、その分、書評が早く出るので、売り上げの初速がグンと伸びるのだ。しかし、今回は…。

「書評家を含めて、一切どなたにも事前に本をお送りしていません。書店には発売日当日に入るようになっています」(文藝春秋宣伝プロモーション局)

 いわば、プロモーションをしないのが最大のプロモーションということか。『王様のブランチ』(TBS系)などへの出演でも知られる書評家の松田哲夫さん(65才)も、事前に読むことができなかった1人。松田さんが裏事情を語る。

「そもそも2002年の『海辺のカフカ』(新潮社)の時はプルーフを作りました。しかし村上さんは、まだ最終チェックの済んでいないプルーフを書評家に渡すのを嫌い、『1Q84』の時にプルーフの作成をしませんでした。そのため新潮社では、編集担当者と校閲の担当者、社長など、5~6人のごくわずかな人しか読んでいなかったようです。今回もそれを踏襲して、文春内では担当者、社長など、やはり数人しか読んでいないのでは」

 市場に渇望感を与えて読みたいと思わせるこうした手法を、広告業界では「ハングリー・マーケティング」と呼ぶ。松田さんが続ける。

「それを目的にして始めたわけではないと思いますが、販売促進のために利用したのは事実でしょう。が、誰でもこうした売り方ができるわけではありません。村上さんは海外での評価が高く、ここ数年はノーベル賞にいちばん近いところにいると報道されて、世界中で注目を浴びています。その村上さんだからこそ、この手法によって小説の謎も深まり、部数につながるのです」

 とはいえ、現場となる書店側は、“謎”の多さに大わらわのようだ。

「新刊は普通、前日には書店に届くものですが、今回は本が入ってくるのが当日の朝6時頃。そこから既刊と併せてディスプレーをして、タワー状に積み上げるつもりです。希望の冊数は伝えていますが、その通りの冊数がはいってくるかは、まだわかりません」(三省堂書店神保町本店・担当者)

※女性セブン2013年4月25日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ハードボイルドの名作『大いなる眠り』村上春樹の新訳で登場
『1Q84』売れた理由は“ハングリー・マーケティング”と識者
中国人作家のノーベル文学賞 国家ぐるみでの買収疑惑が浮上

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。