ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S 4よりも先にそのクローン端末「HDC Galaxy S 4」が中国で発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy S 4はまだ発売されていませんが、早くもそのクローン端末が中国で発売されていました。Galaxy S 4クローン「HDC Galaxy S 4」は、数多くのクローン端末を発売してきた中国深圳市宏鼎诚科技有限公司(HDC)が開発したもので、Android-Saleという中国のショップで$199という安い価格で販売されています。クローン端末ということで、筐体はGalaxy S 4に似せて作られています。OSはAndroid 4.2(Jelly Bean)で、TouchWizのホームアプリやGalaxy S 4の壁紙が組み込まれており、ホーム画面の様子もGalaxy S 4風となっています。スペックは、5インチ1,280×720ピクセルのTFT液晶、MediaTek MT6589 1.2GHzクアッドコアプロセッサ、1GB RAM、1,260万画素リアカメラを搭載するなど最近の山寨端末にみられる内容となっています。内蔵ストレージの容量は4GB、カメラは背面に1,260万画素と前面に490万画素(!?)を搭載。対応周波数はGSM/WCDMA 850/2100MHz。バッテリー容量は2,600mAh。。本体サイズや質量は公開されていません。Source : Android-Sale



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、「INFOBAR A02」のソフトウェアアップデートを開始、再起動を繰り返す問題に対処
Popgram : Instagramに投稿された写真の撮影場所を地図で確認できるAndroidアプリ
中国 OPPOが厚さ6.13mmの薄型スマートフォン「R809T」を開発

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。