ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、「DIGNO S KYL21」にソフトウェアアップデートを提供開始、ブート時に再起動を繰り返す事象に対処

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは4月10日、京セラ製Androidスマートフォン「DIGNO S KYL21」に対してソフトウェアアップデートの提供を開始しました。今回のアップデートはシステムの不具合解消を目的としたもので、KDDIの公式サイトでは、ブート時に再起動を繰り返してしまう事象が改善されると案内されています。OSバージョンはこれまでと同じAndroid 4.0(ICS)。更新ファイル(20MB)は端末単体でダウンロードできます(Wi-Fi、3G、LTE)で、DIGNO Sの設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」→「ソフトウェア更新開始」より手動で即時アップデートを実施することもできます。アップデートにかかる時間は約10分。アップデート後のビルド番号は「019.0.3b00」です。Source : KDDI



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、「INFOBAR A02」のソフトウェアアップデートを開始、再起動を繰り返す問題に対処
Popgram : Instagramに投稿された写真の撮影場所を地図で確認できるAndroidアプリ
中国 OPPOが厚さ6.13mmの薄型スマートフォン「R809T」を開発

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。