ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2013年Q1のアプリダウンロード数でGoogle Playストアが主要アプリストアの中でトップに(Canalys調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米調査会社 Canalysは4月9日、2013年Q1(1月~3月)における主要なモバイルOS向けアプリストアのアプリダウンロード数や売上規模などの調査結果を発表しました。調査対象はGoogle Playストア、Apple AppStore、BlackBerry Wokrd、Windows Phoneストアの4カ所。この四半期間におけるアプリダウンロード数は2012年Q4の11%増の134億回で、全体の51%をGoogle Playストアが占めていたそうです。AppStoreは僅差で2位とのこと。アプリストアの売上規模は2012年Q4の9%増の22億ドルで、全体の74%をAppStoreが占めていたそうです。売上規模の計算には有料アプリ、アプリ内購入、サブスクリプションが含まれます。Source : Canalys



(juggly.cn)記事関連リンク
ZTE、Intel Atom Z2580"Clover Trail+"を搭載したAndroidスマート「ZTE Geek」をIDF 2013で発表
NTTドコモ、「スマートフォン for ジュニア SH-05E」にソフトウェアアップデートを提供開始、モバイルSuicaに対応
パナソニック、インド市場でスマートフォンの販売を計画?5月にも第1弾モデルが発表されるらしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP