ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DIR EN GREY、たかみな、aikoが首位獲得! 今週のタワレコ・チャート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

タワーレコード全店の4月1日~4月7日集計の週間チャートを発表します!

〈アルバム〉
1. DIR EN GREY 『THE UNRAVELING』
2. FUNKY MONKEY BABYS 『ファンキーモンキーベイビーズ LAST BEST』
3. THE STROKES 『Comedown Machine』
4. 大友直人/東京交響楽団 『佐村河内守 作曲:交響曲第1番《HIROSHIMA》』
5. INFINITE 『New Challenge』
6位以下などの詳細はこちらから

〈シングル〉
1. 高橋みなみ “Jane Doe”
2. SiM “EViLS”
3. ℃-ute “Crazy 完全な大人”
4. [Champagne] “Forever Young”
5. cali≠gari “春の日”
6位以下などの詳細はこちらから

〈DVD〉
1. aiko 「15」
2.「007/スカイフォール」
3. EXILE ATSUSHI 「EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~」
4. ポルノグラフィティ 「12th LIVE CIRCUIT “PANORAMA × 42” SPECIAL LIVE PACKAGE」
5. Superfly 「Force Document & Live」
6位以下などの詳細はこちらから

 

アルバム・チャートは、DIR EN GREYのミニ作『THE UNRAVELING』がトップに。新曲や既存のナンバーを大胆なアレンジで再構築した音源など計7曲で構成されたアイテムです。そして、FUNKY MONKEY BABYSのベスト盤、ストロークスの最新オリジナル作、INFINITEの韓国で4枚目のミニ・アルバムが2週連続で上位に留まるなか、3月31日放送の「NHKスペシャル」で特集された全聾の作曲家、佐村河内守の『佐村河内守 作曲:交響曲第1番《HIROSHIMA》』が4位にランクインしました。

上位5タイトルが初登場作品で占められたシングル・チャートで首位を獲得したのは、AKB48の総監督・高橋みなみの待望のソロ・デビュー曲“Jane Doe”。さらに℃-uteの21枚目のシングル“Crazy 完全な大人”が3位と、女性アイドルの新曲が好スタートを切っており、SiMの“EViLS”、[Champagne]の“Forever Young”、タワーレコード限定で販売したcali≠gariの“春の日”など、男性ロック・バンドの最新ナンバーも人気を集めています。

DVDチャートを制したのは、aikoのライヴ作品「15」。こちらには2011年のZepp Tokyo公演、昨年に神奈川・サザンビーチちがさきで行った野外ゲリラ・ライヴ、今年1月の神奈川・横浜アリーナ公演の模様が収められています。そして、アデルによる主題歌も大ヒットした映画「007/スカイフォール」、EXILE ATSUSHIのソロ・ツアーのパフォーマンスとドキュメンタリーが楽しめるパッケージ、ポルノグラフィティのアリーナ公演が追体験できるアイテム、Superflyの全国ツアーを映像化したドキュメント&ライヴ作が並び、こちらもトップ5がすべて初登場の作品となりました。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP