ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1920年代当時 日本の平均寿命は男性42歳、女性が43歳だった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ベストセラー『がんばらない』の著者で諏訪中央病院名誉院長の鎌田實氏は、チェルノブイリの子供たちへの医療支援などに取り組むとともに、震災後は被災地をサポートする活動を行っている。その鎌田氏が、沖縄が長寿王国と呼ばれていた理由について解説する。

 * * *
 2月末、厚生労働省から日本人の平均寿命が発表された。長野県が男女ともに1位になり、全国一の長寿県になった。

 平均寿命は、5年に1度発表されるが、男性は1990年から連続で1位になり、80.88歳。女性部門はこれまで1位になれなかったが、今回は初の首位獲得で、87.18歳だった。

 それまで1位の座についていたのは、沖縄県である。古い記録を調べてみると、1920年代当時、平均寿命がまだ、男性が42歳、女性が43歳だった時代に、沖縄県の女性はただ1県だけ、50歳を超えていた。男性も全国2位。まさしく長寿王国・沖縄だった。

 沖縄は気候もよく、食文化が豊か。野菜は一年中手に入り、海に囲まれて魚も豊富に獲れた。日本人が肉を食べていない頃から、豚肉を食べる習慣もあった。

 江戸時代、中国に昆布を輸出するために、北海道で獲れた昆布が北前船に乗って沖縄に運ばれ、沖縄から中国に渡った。その昆布が沖縄に少し下ろされ、昆布で出汁をとる文化が発達したといわれている。

 昆布出汁を使うから、沖縄県は塩分の摂取量が全国一少なかった。これら複数の要因が重なって、女性が長寿県1位に輝いていたと分析されている。

※週刊ポスト2013年4月19日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
長寿ランキング下落の沖縄県 脂質多いファストフード原因説も
沖縄にビタミンCが豊富なゴーヤーを使ったノリ巻きが存在
沖縄の男性 米国型食生活たたり平均寿命が全国26位まで低下

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP