ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

$249のゲーマー向けAndroidタブレット「Wikipad」の生産が開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

$249(約23,000円)のゲーマー向けAndroidタブレット「Wikipad」(新7インチモデル)の生産が最近開始された模様です。Wikiad開発元が4月5日に同社の公式Twitterアカウントを通じてそのことを明らかにしました。同社が今年2月上旬に行った発表によると、Wikipadの発売時期は”2013年春”。4日より生産が開始されたということで、今度のモデルは予定通りの時期にちゃんと発売されると予想されます。Wikipadは7インチ1,280×800ピクセルのIPS液晶とTegra 3プロセッサを搭載したNexus 7レベルのスペックのAndroidタブレットで、脱着可能なゲームコントローラーが付属するなど、ゲームの利用にも適した製品となっています。当初Wikipadは10インチタブレットとして発売される予定でしたが、取りやめとなり、代わりに今回の7インチタブレットがWikipadとして開発されることになりました。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は16GB、Micro SDカードスロットもあります。カメラは前面に200万画素を搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetoth v4.0に対応。バッテリー容量は4,100mAhで約8時間の連続使用が可能とされています。搭載OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)で、Google Playに加えて、クラウドゲームサービス「Onlive」、SCEの「PplayStation Mobile」にも対応します。Source : Twitter(Wikipad)



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、4.7インチディスプレイ・1.2GHzクアッドコアCPU搭載の「Galaxy Win」を発表、デュアルSIM版もあり
シャープやパナソニックなどがスマートフォン向けに超薄型の6インチパネルを開発しているとの報道
コヴィア、SIMロックフリーのAndroidスマートフォン「FleaPhone CP-D02」を4月12日に発売、価格は19,800円

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP