体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

熟女のアプリ作ってアップルと闘った話

熟女のアプリ作ってアップルと闘った話


今回は井上 大紀さんのブログ『Gloomy blog』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/316540をごらんください。

熟女のアプリ作ってアップルと闘った話

つい先日おっぱいのアプリ「乳師」を無事売却したことをこのブログでお伝えしたばかりの中、このようなタイトルの記事を更新するのは誠に不本意なのですが、再度アップルと争うことになったので少しその話をさせて下さい。

予め断っておきますが、こんな記事を書くと「あ、こいつ乳師が少し話題になったから調子のってんな」と勘ぐる人もいるかもしれませんが、それは全くの誤解です。今回もただただ純粋にアップルへの怒りを綴りたいだけなのです。

どうぞ、お付き合い下さい。

-出落-

昨年の9月、僕が所属するアイデアマンズという会社から1本のアプリがリリースされました。「スライド四字熟語」というアプリで、パズルのよう表示される四文字熟語を正しい順番で指でなぞっていくという、クイズゲームアプリです。楽しみながら四字熟語が勉強できるというコンセプトと指をスライドさせて回答していくというその操作性が受け、リリース直後から口コミだけで順調にダウンロード数を伸ばしていきました。そして2013年3月現在、10万ダウンロードを目前に控えています。

「スライド四字熟語」 『iTunesプレビュー』
https://itunes.apple.com/jp/app/suraido-si-zi-shu-yu/id556754442?mt=8

熟女のアプリ作ってアップルと闘った話


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/ap01.jpg

このアプリは僕がいるチームとは別のチームが開発していたのですが、せっかく10万ダウンロード直前まで迫っているのですから、何とかその大台に乗せるべく、僕も何か協力出来ないかと考えました。その結果が、「スライド四字熟女」という便乗アプリをリリースすることでした。パズル状に並んだ四文字の熟女、例えば「榊原郁恵」「高島礼子」といった名前を、指でなぞって回答していくというアプリです。

「スライド四字熟語」と「スライド四字熟女」という、タイトルをただもじっただけのアプリ。そうです、出オチです。出オチのアプリです。別にいいじゃないですか、出オチだって。しかも「スライド四字熟語」を知らない人にとっては出オチにすらなりません。それでもいいんです。普段一生懸命受託開発をしているのですから、たまには息抜きがしたいのです。

こうして、「スライド四字熟女」の開発がスタートしました。

-開発-

開発というと大袈裟かもしれません。基本的には「スライド四字熟語」のプログラムの熟語部分を四文字の熟女に変えるだけなので、そこまで手間のかかる作業ではありません。しかしアプリのタイトルが変わるので、当然デザインは作り直す必要があります。

ベースとなる「スライド四字熟語」のデザインはとにかくシンプルです。

熟女のアプリ作ってアップルと闘った話


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/ap02.jpg

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy