ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、SM-T210やSM-T310などの新ラインアップを準備中?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungが”SM-T”で始まる新型番のスマートフォン/タブレット端末を開発しているようです。同社のグローバルダウンロードセンター(GDC)にこの規則の型番が複数追加されており、また、その一部がBluetooth SIGの認証を取得していました。現在のところGDCにはSM-T210、SM-T210R、SM-T210X、SM-T211、SM-T215、SM-T310、SM-T310X、SM-T311、SM-T312、SM-T315の10モデル分の型番名が掲載されています。これまでのSamsungのGalaxy製品には、グローバル版ではGT-iやGT-P、キャリア向け機種の型番(SGH-IやSCH-Iなど)が採用されていますが、今回の「SM-T」はそれらと全く異なる規則の型番のように見受けられます。今後の新製品で型番を一新する計画なのでしょうか。従来の型番規則から推測すると、追加型番は「SM-T2」と「SM-T3」に大別され、それぞれ対応する通信方式別に複数のモデルが存在すると思われます。Source : Samsung



(juggly.cn)記事関連リンク
米国でHTC Oneの予約受付が開始、32GBのSIMロックフリー版も発売
Androidにも対応した新クラウドストレージサービス「Copy」、今なら友達招待プログラムのボーナス容量が5GB
韓国iriver、デュアルSIM対応の5インチAndroidスマートフォン「ULALA5」を韓国で発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP