ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

寒風の旅人・モンゴル~北朝鮮 第十三夜【ユーラシアンナイト】

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

壮大なユーラシア大陸をめぐる旅。一度はしてみたい遠くて大きな旅路……。『ユーラシアンナイト』は、モンゴルから北朝鮮へと向かう旅を数回の連載でお伝えする、動画をメインとするドキュメンタリー記事である。

今回の『ユーラシアンナイト』は “寒風の旅人・モンゴル~北朝鮮” の第十三夜として、モンゴル国境から北京へ向かうバスのようすをお伝えする。ちなみに動画は、ハイビジョン映像でもお楽しみいただける(前回まではこちら: 第一夜 / 第二夜 / 第三夜 / 第四夜 / 第五夜 / 第六夜 / 第七夜 / 第八夜 / 第九夜 / 第十夜 / 第十一夜 / 第十二夜 )。また、この記事は英字ニュースサイト『NEWS MILEAGE CX21.cc』の協力により当編集部が取材し、制作・掲載している。

丹東は北朝鮮の国境に面する中国の地方都市だが、実質の国境線となっている川の幅は平均して300~500メートルほどあり、陸路でつながっているのは鉄道の鉄橋のみ。人が歩いて渡れる橋がもう一本あったが、米軍が砲撃をして破壊してしまった。破壊された橋は現在、途中まで歩くことは許されているが、破壊されているので渡れないままである。

取材班は、『一歩跨』(いっぽまたぎ)と呼ばれているポイントに向かうことにした。そこは、北朝鮮との国境線となっている川の幅が極端に狭く、たった一歩で国境を越えて北朝鮮に行くことができることから、『一歩跨』とよばれている。ちなみに、『一歩跨』がある地点は、万里の長城の最端があることでも有名だ(とはいえ、日本人には『一歩跨』も “最端” であることもあまり知られていないが……)。

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。