ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

河童等のスクープ連発の東スポ スクープ連発できる理由判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 オカルト記事において日本トップクラスのスクープを飛ばし続けているのが東京スポーツだ。 同紙は河童、ツチノコ、宇宙人など数々の未確認生命体の存在を暴いてきた。彼らはなぜ人類を震撼させるスクープを量産できるのか。

 都内某所のビル6階にある「東スポ・編集局文化部」。ここでは常に10数人体制でNASAをはじめとする国際的機関と連絡を取りつつ、日々、全世界からの情報を収集している……、というのは全くのウソ!

 実は東スポのオカルト記事を担当するのは40歳の中年記者・M氏たったひとりなのだ。

「学生時代に“あの人面魚が重体に!”というどうでもいい、いや素晴らしいスクープ記事を読んで、なんて自由な会社なんだと感動して入社したんです」

 M記者は入社以来、他紙が決して追わないネタを報じ続けた。社内では、“オカルトでデスクになった初めての男”と呼ばれている。

 読者からは毎日のようにUFO、UMAに関する情報提供がある。情報提供が多いのは、UMA界のスーパースター・河童、ツチノコ、ネッシー系、雪男、UFOの順だ。

 今後も“独走”スクープに期待したい。

※週刊ポスト2013年4月12日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
海老蔵の差し換えで登場したヤクルト身売り説に現場は騒然
山路徹 「あれは○○の陰謀だ」と言う人に「人畜無害な趣味」
スクール水着ではしゃぐ女子高生……なんて見る機会ないよね

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP