体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SNSにあなたの記憶を記録するのはやめなさい(京都大学経済学部 楠木 秀憲)

SNSにあなたの記憶を記録するのはやめなさい(京都大学経済学部 楠木 秀憲)


今回は『アゴラ 言論プラットフォーム』の楠木秀憲さんの記事からご寄稿いただきました。

SNSにあなたの記憶を記録するのはやめなさい(京都大学経済学部 楠木 秀憲)

僕はYouTubeで気に入った動画があれば「お気に入り」に入れて「Music」や「Superplay」といったラベルをつけて管理しているのですが、お気に入りにいれた動画のうち結構な数がYouTube上から削除されていて閲覧不可になっていることに最近気が付きました。何が消えたかがわかればまだ気もすむんだけど、それもわからないから何か大切なものを失ったような気がしてとても損をした気分になります。

「こんなことなら気に入った動画は全部ローカルにダウンロードして管理すれば良かったー」なんて思ったりもしたけれど、面白い動画を見つけるたびにダウンロードしていたのではいちいち手間がかかるし、パソコンの容量も食うし、他のパソコンからは閲覧できないから不便きわまりない。そう考えたら結局YouTubeの「お気に入り」機能を使うしかないんだけど、やっぱり少しずつ貯めたお気に入り動画が削除されるリスクがあるというのはストレスフルだなーと、悶々とするわけです。

同じようなジレンマに陥った経験が他にもあります。動画ではなく、気に入ったネット上の記事(ブログやニュース、2chまとめ等)をどう管理するかについても色々と試行錯誤しました。ネット上の記事はYouTubeほど削除される危険性はありませんが、それでもニュースサイトであれば古くなった記事は削除されたり、あるいは有料会員登録しないと見れなくなったりします。

そこで一時期はEvernoteで気に入った記事をいちいちクリッピング保存していたのですが、これだとやっぱりいちいち手間がかかるし、Evernoteの容量も食うし、再閲覧する時に読み込み時間がかかって面倒なのです。結局記事をEvernoteで保存しても見直すのが面倒だから意味が無いということに気付き、閲覧性の高い保存方法を探すことにしました。

記事は基本的に文字情報だから要点だけを抜き出して別のメモにまとめようともしたけれども、そうすると文章全体を通じて感じる雰囲気が無くなってただの一般論になってしまったり、あるいは写真やグラフが保存できないという点ですぐに諦めました。なので今は、王道のはてなブックマークを使ってネット上の記事を管理しています。

結局これらの情報管理は保存性と利便性のトレードオフで、絶対に保存すべき情報は多少面倒でもローカルに保存してバックアップを取るべきだし、たまに見返したりしたいけど絶対に無くなってはいけないほど重要でない情報は削除されてしまうリスクを許容してでも利便性や閲覧性を重視した管理の仕方をするべきという当たり前の結論に至ります。

ただ、ここで僕が言いたいのは、タイトルにも書いたように「記録すること」に重点を置きすぎないほうが良いということです。先の例で言うなら「動画や記事を完璧に保存すること」を重視するあまりそれにコストをかけ過ぎたり、そもそもの目的であるはずの閲覧性(記録は見返すためにするもののはず)を軽視してしまうのは本末転倒なのです。

インターネットが発達しあらゆる情報にアクセスしやすくなった現代では面白いものが世の中に溢れかえっていて、それこそYouTubeを使えば面白い動画を見てるだけで一日潰せるし、はてなブックマークを使えば死ぬほど笑える2chまとめや示唆に富んだ個人ブログも読み切れないほど見つかります。ならば多少の抜け・漏れは許容して、「お気に入り」に入れた動画や記事が消えても「しょうがない」と諦める方がストレス無く人生を楽しめるのではないでしょうか。

人間はそもそも忘却する生き物ですし、人間の脳みそは穴のあいたバケツのようなもので、いくら情報という水を上から注いでもあちこちから漏れていきます。ITというツールはその穴を効率的に防ぐ手伝いはしてくれますがやっぱり完全に塞ぐことはできないし、できないほうが良いとも思います。情報は多ければ多いほうが良いというのはウソで、人間には処理できる情報量の限界があり、人は重要でない事柄を忘れることで新しいことを覚えられるからです。そもそもお気に入りに入れたのにタイトルを覚えていない動画や内容を思い出せない記事なんて、覚える価値の無い情報で忘れてもいいんです。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。