ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

並べてみた! 江國香織の新作原稿全515枚!!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 パソコンやケータイを使うことが当たり前になった今、手書きで手紙やメッセージをつづることはめっきり減ったように感じる。
 しかし、現在活躍している作家の中には、今でもワープロやパソコンを使わずに全て手書きで原稿を執筆している人がいる。その一人が江國香織さんだ。

 江國さんの新作となる『はだかんぼうたち』(角川書店刊)は原稿用紙500枚を超える長編だが、なんと、本作の刊行にあたり、出版元の角川書店がこの『はだかんぼうたち』の生原稿を全て並べてみるという動画を特設サイト上で公開している。

 手で書かれた生原稿は圧巻の一言。この量を書くのにいったいどのくらいの時間が必要なのか…と思わず考えてしまう。 もちろん、『はだかんぼうたち』の生原稿の公開は本邦初。江國さんが言葉を紡いだ515枚のその作業を、一度見てみて欲しい。
 さらに、江國さんが使っている特製原稿用紙を先着順にプレゼントする企画も実施中。ファンならば必見のサイトだ。

■『はだかんぼうたち』動画URL・特設サイトURL
動画:http://www.youtube.com/watch?v=h98225xZ_nE
特設ページ:http://www.kadokawa.co.jp/sp/201303-03/

(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
小説家に向いている人の特徴
全世界で8000万部以上、世界で最も読まれている恋愛小説家って?
川端康成が遺した“百合小説”が復刊

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP