ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、Walkman/Android端末/iOS端末が繋がるBluetooth/NFC対応システムコンポ「マルチコネクトコンポ」3機種を発表、4月20日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sonyは4月5日、スマートフォン、Walkman、iPhoneなどとの接続にも対応したシステムコンポ「マルチコネクトコンポ」3機種を発表しました。価格はオープンですが、予想実勢売価は、「CMT-BT40」が27,000円前後、「CMT-BT60」が35,000円前後、「CMT-BT80W」が40,000円前後とのことです。発売予定日は4月20日です。発表された3機種「CMT-BT40」「CMT-BT60」「CMT-BT80W」は、Walkman端子(WM-PORT)とUSB端子を備えたシステムコンポで、CD-R/RWとFM/AMラジオの再生に加えて、WalkmanとiOSデバイスをケーブル接続すると、端末を充電させながら音楽を再生できるほか、スマートフォンもUSB端子で接続すれば充電できます。全機種とも、BluetoothとNFC通信に対応しており、Bluetooth接続でのワイヤレス再生、NFC対応スマートフォン・タブレットであれば、端末をコンポにかざすだけでBluetoothペアリングや接続/接続解除の操作を行うことができます(ワンタッチ接続)。また、20W+20Wのステレオスピーカー、デジタルアンプ「S-Master」を搭載するほか、AACやaptXコーデックにも対応しています。「CMT-BT60」と「CMT-BT80W」のスピーカーには磁性流体サスペンション構造のスピーカー(Magnetic Fluid Speaker)、「DSEE」技術が採用されています。「CMT-BT80W」ではさらにWi-Fi b/gの無線LAとDLNA/AirPlayにも対応しており、DLNA/AirPlay経由でコンポに接続されたDLNA/AirPlay対応端末の音楽を選んで再生したりすることもできます。操作アプリとして、「Network Audio Remote」が提供されます(AndroidベースのWalkman、Androidスマートフォン/タブレット、iPhone/iPad/iPod Touch)。筐体サイズは約481mm×202mm×86mm質量は3kg(「CMT-BT60」と「CMT-BT80W」)/2.8kg(「CMT-BT40」)。カラバリは、「CMT-BT40」がブラック、ホワイト、ピンク、「CMT-BT60」はブラックとホワイト、「CMT-BT80W」はブラック。Source : Sony



(juggly.cn)記事関連リンク
エキサイト、英文の日本語訳を同じ画面に表示できるWEBブラウザ「英語翻訳ブラウザ」をリリース
Facebook Home標準搭載スマートフォン「HTC First」の中身はほぼ素のAndroid 4.1.2(Jelly Bean)
Kickstarterで$99のAndroid PC「MiiPC」のプロジェクトが進行中、Miracast受信機としても利用可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP