ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「最終回のインパクトが強すぎて間の記憶がありません(笑)」新アニメ『翠星のガルガンティア』のキャスト陣が語る作品の魅力

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


4月よりスタートの新アニメ『翠星のガルガンティア』のキャストが、30、31日の2日間幕張メッセにて開催された「アニメコンテンツエキスポ 2013」内のステージイベントに登壇。集まったファンにむけて作品の魅力を話しました。

『翠星のガルガンティア』は、遥か銀河の果てから水の惑星・地球に漂着し、そこでの生活を通して、主人公レドの成長を描いた物語。アニメーション制作をProduction I.Gが担当する、オリジナルSF冒険活劇。

監督を務めるのは、数々のアニメーション制作と手がけ、映画『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』で監督を務めた村田和也。脚本は『魔法少女まどか☆マギカ』でお馴染みの虚淵玄。そして、キャラクター原案は初のテレビアニメ原案提供となる鳴子ハナハル。人気漫画家・鳴子先生のキュートなタッチが、物語に彩りを添えます。


主人公のレド役には、期待の新人声優・石川界人さんがキャスティング。ヒロインのエイミーに金元寿子さん、茅野愛衣さん、阿澄佳奈さん、小西克幸さんなど人気声優陣が集結しています。


既に、最終回分までアフレコを終了しているということで、金元さんは「いよいよ公開となりますが、最終回のインパクトが強すぎて間の記憶がありません(笑)」とコメント。アニメの先行上映イベントで全国を巡回したことについて石川さんは「地方では何度も来てくださる方がいて嬉しかったです。今日は会場が広くて皆さんに個別に御礼が言えなくてごめんなさい」と深々とおじぎをしました。


トークでは、陸地が無く、船が一つ一つつながって大きな街となっている「ガルガンディア船団」や、言葉が通じない同志をつなぐレドの愛機“チェインバー”など作中に出てくる言葉を紹介しながら世界観を紹介しました。

『翠星のガルガンティア』のさらに詳しい世界観やストーリー、放送情報は公式サイトをチェック。

翠星のガルガンティア
http://gargantia.jp

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。