ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国にあるタワーブリッジ風の橋 塔の数は本物より多い4本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国に行くと、エッフェル塔からピラミッドまで、本物そっくりのコピー建造物が至る所に建てられている(もちろん本家には無断)。だが、ちょっとしたところが本物と違うように作っているのは、中国独自のオリジナリティということだろうか。

 たとえば、写真で紹介するのは、ロンドンの観光名所「タワーブリッジ」を模倣した橋(江蘇省蘇州市)。ホンモノは2本の塔がそびえているが、こちらの塔は4本に倍増している。

 結婚記念写真の撮影スポットとして利用されることが多く、取材時にはウェディングドレスとスーツに身を包んだ新郎新婦が、道路真ん中で愛のポーズ。その真横をトラックやタクシーがすり抜けていた。地元政府は「世界の著名な橋が集まる街づくり」を行なっており、世界各国のパクリ・ブリッジが密集している。

撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2013年4月12日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
田中みな実アナ 場を支配することにかけて右に出るものない
プリン1リットル3496円 50リットル26万2500円で販売
飛び降り自殺急増の横浜ベイブリッジ「取材はお断り」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP