ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夢は早く実現した方がいい。その先にいけるから。(脳科学者 茂木 健一郎)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回は茂木健一郎さんのブログ『茂木健一郎 クオリア日記』からご寄稿いただきました。

夢は早く実現した方がいい。その先にいけるから。(脳科学者 茂木 健一郎)

ぼくが子どもの頃、プリンはミックスを買って来て家でつくるものだった。母親が、牛乳を温めてよくつくってくれた。シロップは、粉を水に溶かしてつくった。

ぼくはプリンが好きだった。あの、バニラの香り! 今思えば、合成したものだったのかもしれないけれど、冷えて固まるのが待ちきれなかった。

幼稚園を出る頃から、ぼくはある思いを募らせた。カップ一つのプリンじゃ、物足りない! もっと大きなプリンを食べてみたい! バケツみたいな大きなプリンを食べてみたい! 思う存分、食べてもたべてもなくならないプリンを食べてみたい!

大きなプリンを食べることが、ぼくの夢になった。

そんなぼくの「夢」を、母親は聞いていたんじゃないかな。ぼくも、言っていたんじゃないかな。

ぼくの7歳の誕生日に、母親が本当に大きなプリンをつくってくれた。といってもバケツにつくるわけにはいかない。四角い弁当箱につくってくれた。

ぼくは、喜び勇んで食べ始めた、すぐにイヤになった。まだこんなにあるのか、と思った。結局、残してしまった。

それで、ぼくは、大きなプリンを食べることが、夢だとは、もう思わなくなった。

ふり返って思う。
夢は早く実現した方がいい。
その先にいけるから。

想像していただけの時は、大きなおおきなプリンは、それは素敵だったんだけどね。

執筆: この記事は茂木健一郎さんのブログ『茂木健一郎 クオリア日記』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年04月04日時点のものです。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP