ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

坂本真綾、ミュージカル〈足ながおじさん〉で菊田一夫演劇賞を受賞

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

声優や歌手として活躍する坂本真綾が、大衆演劇の舞台ですぐれた業績を示した芸術家に贈られる〈第38回菊田一夫演劇賞〉の演劇賞を受賞したことがあきらかとなった。

これは、2012年9月に初演が行われたミュージカル「ダディ・ロング・レッグズ~足ながおじさんより~」でのジルーシャ・アボットの役の演技が評価されてのもの。彼女は2003年から2009年にかけてミュージカル「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役を演じるなど、舞台女優としての活動も行ってきたことで知られるが、同賞を受賞するのはこれが初めて。これを機にますます活躍の場を広げることになりそうだ。

なお、先週リリースされたばかりの彼女の最新アルバム『シンガーソングライター』は、オリコンの週間チャートで初登場6位を記録。この作品では初めて全曲の作詞と作曲に挑戦し、タイトル通りシンガー・ソングライターとしての自身を表現したものとなっている。タワーレコード渋谷店8Fの新スペース〈SpaceHACHIKAI〉では、本作の発売を記念した企画〈坂本真綾LIVE展“Roots of SSW”〉を4月14日(日)まで開催しているので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りを!

★タワーレコード渋谷店8F〈SpaceHACHIKAI〉で開催中の企画〈坂本真綾LIVE展“Roots of SSW”〉の詳細ニュースはこちらから

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP