ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テレマークスが「セカンドホーム」のWEBブラウザ版「セカンドブラウザ」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テレマークスは4月4日、他のアプリを利用中でもアプリを停止することなくブラウザが利用できる「いつでも検索!セカンドブラウザ β版(2ndBrowser)」をリリースしました。アプリの価格は無料。対応機種はAndroid 2.2以上を搭載した端末。セカンドブラウザは、その名前から予想される通り、アプリやゲーム画面、動画を視聴中でも別のアプリを起動できる「セカンドホーム」のWEBブラウザ版です。セカンドブラウザでは、セカンドホームと同様に画面の端からスワイプ操作でブラウザを表示できるので、ゲームをしながらWEBブラウザで攻略法を探したり、動画を観ながらTwitter/Facebook(モバイルサイト版)の投稿をチェックするということができるようになります。セカンドブラウザのリリース版は、開発途中のベータ版という位置づけで提供されており、現時点では、ページ内の動画再生ができない、動画のフルスクリーン再生ができない、Flashコンテンツが再生できない(一部ソーシャルゲームなど)、ログインパスワードをブラウザに保存できない、Android 4.1以上ではリストボックスが使用できないという制限があるとのことです。「セカンドブラウザ」(Google Playストア)Source : テレマークス



(juggly.cn)記事関連リンク
Mozilla、Android版Firefox 21 Betaをリリース
YouTubeの公式Androidアプリがv4.4.11にアップデート、サイドバーから登録チャンネルの動画一覧と全アップデートが切替え可能に、One Channelデザインにも対応
2013年2月の米国スマートフォン市場、Androidのシェアは51.7%

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP