ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自ら“売り込み”国分太一 企画書持参でプロデューサーと飲む

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2013年2月にgooランキングが行ったアンケート調査「男性が好きなジャニーズランキング」で1位に輝いたTOKIO・国分太一(38才)。現在国分は、TOKIOのレギュラー2本に加え、『すぽると』(フジテレビ系)『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)、『たけしのニッポンのミカタ!』(テレビ東京系)など単独レギュラー4本を抱える超売れっ子だ。

 TOKIOが結成されたのは1991年。しかし、CDデビューはなかなか決まらなかった。やがて仕事がなくなり、雑誌の取材も月に1本あるかないか。当時はリーダーの城島とあてもなく街中をぶらつく毎日だったという。

 そんな不遇のときを経て、TOKIO結成から3年が経った1994年、20才のときに、ようやくCDデビューが決定する。

 デビューと同時に、それまでの生活は一変した。ドラマ『八神くんの家庭の事情』(テレビ朝日系)では、いきなり初主演、ラジオでも自分の名前が冠として付いた番組を持つなど、一気に人気アイドルの階段を上っていった。しかし、下積み時代が長かったせいか、“休み”があるのが不安だったという。

「国分くんは“休みより仕事をください”が口癖でした。“どんな番組にも出てやる”と、いつもギラギラしていて。当時は、今のようにトーク力があったわけでもないのに、積極的にバラエティー番組に出演しては返り討ちにあってましたね(苦笑)」(当時を知るテレビ関係者)

 また国分の仕事へのスタンスは、普通のタレントとは一線を画すという。

「国分くんはよく自分で書いた企画書を持参して、番組のプロデューサーを飲みに連れ出して“売り込み”をかけていましたね。『太一×ケンタロウ 男子ごはん』(テレビ東京系)でも、どんなレシピを扱うか毎回自分で企画を出していたし、そもそもケンタロウさん(40才)の起用を局側に提案したのも国分さんだったそうですよ」(テレビ局関係者)

 キャスターを務める『すぽると!』の打ち合わせでも、国分は「今インタビューするならこの人」と、どんどん自分から提案しているという。

※女性セブン2013年4月18日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
尾崎豊長男「大学院卒業まで歌手デビューない」と音楽関係者
深夜の癒し系美女 ブラからこぼれんばかりの美乳撮り下ろし
覚えておいたほうがいい韓流アーティスト ZE:A、FTIslandなど

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP