ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「都合のいい女」にならないための3つの恋愛術

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 筆者は以前、友人から「寄ってくる男がダメ男ばかりで、結婚につながるような出会いがない」といった相談を受けたことがあります。
 男性から言い寄られるわけですから、モテるかモテないかで言えば、彼女はモテる部類のはず。しかし、不特定多数の男性にモテる女性が、必ずしも幸せな恋愛・結婚をしていないことは、多くの女性はわかっているのではないでしょうか。

 『本気で愛されて、結婚する24の魔法:「運命の人」を引き寄せる恋のレッスン』(島本了愛/著、学研パブリッシング/刊)は、うわべだけのものではない、男性からの「本気の」愛情を得られる女性になるための方法がつづられています。

■男は結局、“お嬢様”が好き?
 本書の著者、島本さんによると、男性は結局のところ“お嬢様”に目がないといいます。
 ただ、ここでいう“お嬢様”とは家柄や容姿のことではなく、あたかも“お嬢様”として育てられたかのような、マナーや教養のこと。
 こういったことが身についていて人前で自然にできる人は、隠しきれない「育ちの良さ」がある人として男性の目に映り、あなたはより魅力的に見えるようになるはずです。
 品のある女性は男性からも丁寧な扱いを受け、そうでない人はぞんざいに扱われるというのは、考えてみれば当たり前のこと。
 男性からどう扱われるかは自分次第と心得て、言葉づかいや箸の使い方、食事の作法など、日常の所作を美しく磨きましょう。

■門限を作る
 実家暮らしの人だけでなく、一人暮らしの人であっても門限を作る意味はいくつかあります。
 まず、「もう少し一緒にいたいのに」と、男性側に物足りなさを感じさせることができること。特にまだ付き合う前の男性や、デートをするだけの男性に対しては、この方法は「なかなか手に入らない女性」というイメージを植え付けることができ、あなたへの思いをかき立てる効果があります。
 また、あなたのことを大切に思っていない男性は、あの手この手で門限を破ろうとしてくるはず。門限は、そういった男性たちをふるい落とし、自分を守る意味もあるのです。
 もしあなた自身が「もう少し一緒にいたい」と思っても、最初のうちは自分で決めた門限を守ってみましょう。

■「告白」は女性からはしない
 男性と両想いのような状態になり、あとは告白するだけという状態になっても、女性の方から告白することはおすすめしません。
 男性は、たとえ“草食系”であっても、好きになったら必ずアプローチしてくるもの。
 しかし、きちんと言葉で「付き合ってください」と言われるまでは、女性はあくまでも、その男性を友達だと認識していた方がいいでしょう。
 くれぐれも、付き合っているかどうかうやむやな状態の男性に自分から告白したり、付き合っていないのに体の関係を求めてくる男性に応じないようにしましょう。

 自分を本当に大切に思ってくれていない男性と付き合っても、最終的に傷つくのは自分です。
 本書には、男性から本物の愛情を注がれる女性になるための、ノウハウや心構えが解説されていますので、不幸な恋愛を繰り返したくないあなた、誠実な男性を見極めたいあなたはぜひ参考にしてみてください。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
男性が萎えてしまう女性の一言とは?
“「女子会」に行く女性はモテない”のワケ
就活がうまくいく女子大生5つの特徴

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP