ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ココ走 : マラソン大会などで自分の走っている場所を家族や友人に知らせることができるアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マラソン大会などのレース系イベントで自分が走っている場所を家族や友人たちに知らせるのにちょうど良いアプリ「ココ」走」を紹介しますココ走は、現在走っている場所の情報や予想ラップタイムをWEBページとして公開できるアプリ。マラソンやウォーキング、サイクリングなどのレース系イベントにおいて、家族や友人など応援しに来ている方が自分の居場所をほぼリアルタイムに把握できます。アプリ・WEBページには伝言板の機能も搭載されているので、応援者が走者に応援メッセージを伝えたり、走者が応援者に伝言を残すことも簡単にできます。アプリの利用方法まず、走者がアプリの「SET」タブで公開用WEBページを作成します。基本的には名前と公開範囲(限定公開/一般公開)を設定し、「設定」メニューの「レースの距離」でレースの距離を設定するだけです。「設定」画面では、位置情報の記録/送信間隔や距離の単位を変更できます。そして、「ページを作成」ボタンをタップします。すると、http://www/travel-db.net/here/i/run/track.htm?id=XXX(XXXはランダム)のアドレスが生成されるので、「アドレスを知らせる」ボタンを選びメールやSNSアプリを使って公開用WEBページのアドレスを応援者や仲間に送信します。「ページを見る」ボタンを押せば自分でも公開用ページを閲覧できます。アプリの「RUN」タブを開き、「スタート」をタップするとストップウォッチが動き出し、位置情報の記録と公開も始まります。ゴールしたあとストップウォッチを止めて「リセット」をタップすると公開用WEBページのアドレスを消去することができます。公開用WEBページのアドレスを受信した方は、それをWEBブラウザのアドレスバーにコピペしてアクセスします。公開用WEBページの下側には伝言板があり、アプリ(走者)から投稿されたメッセージを確認できるほか、テキストボックスにメッセージを入力して「送信」ボタンをタップするとメッセージを投稿することもできます。ウルトラマラソンやトレイルレースなどの長距離・長時間レースで移動しながら応援をするという方には走者の位置を把握するのに便利だと思います。春になって市民マラソン大会が頻繁に開催されるので、そういったイベントに参加される方はこのアプリを試してみてはいかがでしょうか。「ココ走」(Google Playストア)Source : アプリ公式サイト



(juggly.cn)記事関連リンク
東芝が電子書籍ストア「BookPlace Cloud Innovations」を開始、Android向けには専用アプリを提供
英HandtecにHTC Oneが入荷
Action LuncherのShutters機能を利用できるアプリ数が拡大

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP